J3で裾野を拡大、ファン層の多様化も重要

日本プロサッカーリーグ・村井満チェアマンに聞く

――リーグ運営で参考にしている国は。

ドイツだ。中でもドルトムントのスタジアムは毎週末平均8万人が来場する。 キッズスペースや目が見えない人たちのためのラジオ放送もある。Jリーグはピッチ上でのフェアプレーやファイナンシャル・フェアプレー、八百長などを許さないソーシャル・フェアプレーの3つを提唱している。その土台となるのは、ドイツがいちばん近いと思う。

──チェアマンとして優先的に取り組みたいことは。

コア層の熱狂的な男性だけでなく、女性や家族連れなど多様なファンを獲得したい。テレビ放映はスカパー!とのタイアップを強化していく。新規のお客様を引き付けるためにも、いくつかの試合は全国放送で見ていただくことも大切だと考えている。

──3月8日の試合会場でサポーターが差別的な内容の横断幕を出した浦和レッズに対し、Jリーグで初の「無観客試合」という処罰を決めた。

話を聞いてすぐ、厳罰で臨まなければと思い、規定を踏まえ、裁定委員に確認したうえで発表した。無観客試合は対戦チームにも迷惑が及ぶだけに非常に重い処分だったが、いい方向に収斂してほしいと思っている。

――スポーツ選手にとって引退後のキャリアも重要なテーマ。これまで人材ビジネスを手掛けて来た経験から、どのような可能性があるとみているか。

 人材を人格、能力、スキルの側面でみると、一流のビジネスパーソンと比較して、プロサッカー選手は人格、能力の面で遜色ない。セルフコントロールの力、チームを作る力、分析する力があり、リーダーシップも磨かれる。

彼らがビジネスの世界に行っても十分やっていける。表層的なスキルがないということで転身が進んでいないが、それは、社会側に人材の翻訳能力が欠如しているから。一方、Jリーガーの側も「俺は無理」と思い込んでいる。そうした思い込みの鎖を断ち切ることが大事だ。

(撮影:今井康一 =週刊東洋経済2014年4月5日号に一部加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT