今なお船内にいる「クルーズ船乗組員」の悪夢

何千人もが帰国手段なく取り残されている

いまだに何千人というクルーズ船の乗組員が下船できずに、クルズーズ船の中に取り残されている(写真:REUTERS/Mariana Greif)

世界中の政府が、新型コロナウイルスの被害を受けた豪華客船から乗客を救助しようとする中、ほぼ忘却の彼方に追いやられている集団がある。置き去りにされた乗組員だ。

アメリカ疾病対策センター(CDC)によれば、アメリカだけでも約100隻の船で約8万人の乗組員が港または沖合に足止めされている。感染した乗客が下船した後、彼らの多くは隔離状態にあり、数パーセントの人は仕事を続けている。インドや中南米など、世界中で自国の市民に対してさえ国境を封鎖している国が数多くあるため、乗組員の多くが行き場を失っているのだ。

「デッキから飛び降りたいと思った」

セレブリティ・クルーズ社の客船で11年間ウェイトレスをしてきたアレクサンドラ・ネデルチェヴァ(54)は「死の恐怖の中で生活している」と語った。「初めてデッキから飛び降りたいと思った」。

ネデルチェヴァはクルーズ船「セレブリティ・エイペックス」で数週間を過ごした。2020年春の進水準備のためフランスの造船所に停泊していた新しい船だ。ウイルス検査では数百人もの乗組員が陽性となった。ネデルチェヴァもその1人で、ブルガリアの自宅や家族から何千マイルと遠く離れた小さな船室に隔離された。病気になり、孤独だった。

ネデルチェヴァは先日、セレブリティ・クルーズを告訴した。会社がマスクの配布や社会的な距離を保つ「ソーシャル・ディスタンシング」の対策を実施せず、乗組員の保護を怠ったと訴えたのだ。ネデルチェヴァは同社に対する集団訴訟の原告第1号になった。

セレブリティ・クルーズはネデルチェヴァの隔離を4日早く解き、バスで20時間移動させ、飛行機でブルガリアへ送り返した。到着後の自己隔離のため、彼女はエアビーアンドビーの民泊を私費で利用せざるをえなくなったという。

「庶民のことなんて気にしてない。病気になろうがなるまいが」とネデルチェヴァは言う。セレブリティクルーズを傘下に持つクルーズ大手のロイヤル・カリビアンは、係争中であることを理由にコメントを拒んだ。

次ページ船内は「安全な環境ではない」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。