現金をおろすときは3万4000円、小銭入れは持たない--『節約の王道』を書いた林望氏(作家・書誌学者)に聞く


 できるだけ立派な人間、あるいは世の中に役立つ人材になってほしい。そう願って、自分の有り金をはたいて教育すれば、子どもも意気に感じて勉強する。もし学生時代しかできないチャレンジをして駄目だったら、カネ使っちゃったでいいではないか。子どもに対してリターンは期待しない。そういう目で見れば、子どもに対する投資は絶対損とはならない。そういう本質的なところをケチらないことだ。

--ミクロ、マクロともに目配り。

私のやり方は、ミクロの中のマクロ、マクロで見たミクロ。奥さんたちの節約はミクロのミクロだからつまらない。マクロの視点があって、自然とミクロが収まってくる。これは国の経済と同じ。対症療法ばかりやっていたら、国は破滅する。

(聞き手:塚田紀史 =週刊東洋経済)

はやし・のぞむ
1949年生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了。専攻は書誌学、国文学。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。東洋経済オンラインで「リンボウ先生の『思想する住宅』」を連載中。著書に『イギリスはおいしい』(エッセイストクラブ賞)、『林望のイギリス観察辞典』(講談社エッセイ賞)。

節約の王道


日経プレミアシリーズ 819円

  

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。