現金をおろすときは3万4000円、小銭入れは持たない--『節約の王道』を書いた林望氏(作家・書誌学者)に聞く

現金をおろすときは3万4000円、小銭入れは持たない--『節約の王道』を書いた林望氏(作家・書誌学者)に聞く

自称「歩く合理主義者」が、その節約生活を多彩に語りおろした。40年間実践してきただけに、その極意は筋金入り。この「こだわりの書」がロングセラーになる勢いだ。

--巻頭にある「たのしみは妻子(めこ)むつまじくうちつどひ頭(かしら)ならべて物をくふ時」ほか、橘曙賢(たちばなのあけみ)の8首の和歌が出色です。

橘曙賢は明治維新になる直前に亡くなった福井の人。藩主の松平春嶽がその令名を聞いて訪ねて行き、あまりの貧乏さにびっくりしたという。だが、書物だけはきちんと積んである中で、家族むつまじく暮らす、人間の幸せの見本のような人だったようだ。

節約というと、水道の栓を締め電気を消してとか、1円、2円のおカネをちまちまとケチるノウハウ本がほとんど。そういった形而下的な現象的な問題ではなく、もっと生活全体、生き方全体の問題ととらえたい。橘曙賢が目指した生活を幸福だと思っていれば、別にカネはかからないというメッセージとして引用した。

--序章で、西鶴からの引用も。

井原西鶴が大学の卒論だった。合理的でないことは一切やりたくない。自ら称して「歩く合理主義者」としてきた。結局、「節約の王道は合理主義にあり」といいたい。合目的な営為に立ち返るのがいちばんいい。そこで王道という男性的な、こせこせしないタイトルをつけた。

--食を例にとると。

何をいちばん節約すべきか、それは時間。それがメインテーマといっていい。たとえば料理にしても、過大な時間を使ってはいけない。たとえば冷蔵庫の中のものを全部食べつくすまでそれで食べ、そして時間をかけずに料理をして、自分自身のために使う時間を捻出する。その時間で自分の人生を豊かにすることをやるのが人の道。私自身は毎日料理し、それを実践している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT