「うつ病の発症」コロナ収束後こそ注意すべき訳

「ZOOM飲み」が人々の癒やしになる科学的根拠

どうすればコロナ収束後の「うつ」を防げる?(HM / PIXTA)

新型コロナウイルス流行にともない、「不安」や「心配」にとらわれ、「コロナ疲れ」に陥っている人も多いはず。これが、あと数ヵ月すると「コロナうつ」になる人が多発するのではないかと、精神科医の私は危惧しています。

うつ病に関して、一般的に言えることですが、「大きなストレス」に直面しても、すぐに「うつ病」が発病するのは稀です。だいたい、2~3ヵ月かそれ以上のタイムラグがあります。

例えば、最愛の家族を亡くした場合。本当に寂しくなり、うつの症状が表れ始めるのは、四十九日の後。家族の死から、2〜3ヵ月以上たって、ドーンと落ち込む人が多いのです。

うつ病とは、セロトニンという脳内物質が低下、枯渇した状態。私たちの脳には、ある程度のセロトニンの貯金があるので、すぐには枯渇しません、しかし苦しい状態が2~3ヵ月続くと、脳は耐えきれず「病気」として現れるのです。

「うつになる可能性が高い」のはどんな人か?

ですから、「コロナうつ」が起きるとしたら、2020年の2~3月から不安が強まっている現状を考えると、5、6月か、それ以降。感染のピークを過ぎたあたりしはじめるあたりが、むしろ危険です。

うつ病の症状とは、どのようなものでしょうか。一般的な「うつ」の症状を、今回のコロナ騒動に関連させ、多少書き換えて紹介します。

<具体的な「うつ」の症状>
・1日中、コロナのことを考えてしまい不安である
・気分が落ち込む、何もしたくない
・メッセージやメールに返信したくない
・テレビやネットで必死にコロナ情報を集めていたのに、最近しなくなった
・仕事に行きたくない。テレワークもしたくない
・食欲がない。もしくは、食欲がありすぎる。ドカ食いしてしまう
・寝付きが悪い、グッスリ眠れない、睡眠時間が減った
・朝起きられない
・疲れやすい、身体がだるい、家で横になっていることが多い
・生きていてもしょうがないと思う

上記の複数の症状が徐々に悪化、進行しているとするならば、「うつ」が疑われるので、可能であれば心療内科などに相談したほうがいいでしょう。

次ページ「コロナうつ」の対処法とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT