「うつ病の発症」コロナ収束後こそ注意すべき訳

「ZOOM飲み」が人々の癒やしになる科学的根拠

オキシトシンという「癒やし」のホルモンがあります。これは、「愛情ホルモン」とも呼ばれ、通常はスキンシップによって分泌されます。オキシトシンが分泌されると「安心感」が得られ、心拍数も下がり、リラックスし、免疫力もアップします。

動物と犬との交流実験において、ボディタッチがなくても「交互凝視」だけで人間と犬、それぞれにオキシトシンが分泌する、という研究があります。交互凝視というのは、相手の顔を見る。目と目を、視線を合わせるだけでもオキシトシンが分泌され、「癒やし」の効果が得られる、ということです。

「オンライン飲み会」で、友人たちと目と目を合わせてリラックスして会話している。その瞬間に、「癒やし」物質であるオキシトシンが分泌されているでしょう。重要なのは、オキシトシンが分泌されると、免疫力が上がるということ。コロナウィルスの感染予防にもプラスに働くはずです。

「孤独」は人をうつにする

5.孤独を避ける
「孤独」は、うつ病の重大なリスクになります。そして、社会的交流はうつ病の予防に役立ちます。例えば、退職でリタイアした人は、それだけでうつ病のリスクが40%も増えます。

「外出自粛」によって、友人たちと直接会って交流する機会、時間が大きく減っています。「Stay Home(家にいよう)」が、合い言葉のようになっていますがずっと家にいて、誰とも会わないでいると、コロナ感染の心配はありませんが、うつ病の危険性はドンドン高まるのです。

幸い今はインターネット、SNS、スマホの時代です。仲間や友人とSNSやメッセージで連絡を取り合う。高齢の親がいる場合は、時々電話して孤独に陥らないようにケアしてあげることも大切です。

「コロナうつ」を予防する方法。まとめると「運動」と「つながり」です。この二つを意識するだけで、「コロナうつ」の危険性は、かなり減らせます。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。