ニューヨークの病院が今、直面している「危機」

米国人記者が見た医療崩壊のリアル(上)

新型コロナウイルス感染患者の治療にあたるブルックリン・ホスピタル・センターの医療スタッフ。同病院では、1週間で入院患者数が15人から105人に増え、集中治療室はパンク状態にある(写真:Victor J. Blue/The New York Times)

ほとんどすべての患者が人工呼吸器を使っている。80代の患者もいれば、30代の患者もいる。医療従事者はあらゆる手を尽くしており、息つく暇もない。「そうしなければ、死が待ち受けている」。これが現場の声だ。

瀕死の患者への緊急介入が頻発

その夜は、とりわけつらいものだった。次から次へと患者に挿管し、人工呼吸器につなげる必要があった。瀕死の患者への緊急介入である「コード」が3件同時に発生することもあった。

救命医療を担当するジョシュア・ローゼンバーグ医師は翌朝、ブルックリン・ホスピタル・センターに到着した。数時間後、集中治療室(ICU)がある6階から仮設のICUが設置された3階に駆け下りた際、目をかけている医学生に出くわした。

「自宅にいるんじゃなかったのか」。医師は驚きを隠せず、そう尋ねた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、医学生の臨床ローテーションは中止になっていたからだ。医学生は答えた。「母がここにいるんです」

「くそっ、なんてことだ!」。45歳のローゼンバーグ医師はそうつぶやくと、母親の病床がどこか尋ねた。「今そっちに行くところだよ」。医師はそう言って、医学生が自分の携帯電話番号を知っているか確かめた。

この少し前、ローゼンバーグ医師らは、ICUの研修医から患者の症例について説明を受けていた。早口で略語を多用したものだった。この週の月曜日は、診なければならない患者の数がとてつもなく多かった。

「急性低酸素性呼吸不全により入院。COVID-19に続発したもよう」

「急性低酸素性呼吸不全により入院。確認されたCOVID-19に続発」

「急性低酸素性呼吸不全により入院。COVID-19が強く疑われる」

新設のICUのベッドに横たわる患者のほとんどは、6階の集中治療室と同様、人工呼吸器を装着していた。

次ページ1週間で激変した
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT