安倍首相、昭恵夫人をコントロール不能なわけ

コロナ下の花見と布マスク配布で大炎上

3月28日の記者会見で、安倍首相は緊急事態宣言を出す「ぎりぎりの事態」と危機感を示しつつ、国民の行動自粛を訴えた。しかし、それを無視したかのような昭恵夫人の行動に、「夫の足を引っ張る夫人は、首相のアキレス腱だ」(自民党の閣僚経験者)などと非難する声が相次いだ。

国会での口論シーンはテレビ中継されていなかったものの、ネット上に動画が公開されると一気に炎上。ツイッターでは「首相夫人がレストランで13人の『桜』宴会は駄目」「史上最悪な“ワーストレディ”では」との書き込みが相次いだ。

5000万世帯にマスク配布を表明

4月1日に安倍首相も出席した参院決算委員会や、2日、3日の衆参本会議質疑はコロナを優先させて野党側の追及もなく、「騒ぎは一過性で終わり」(自民国対)との声も出た。

しかも、安倍首相を追及した杉尾氏がフェイスブック上で、選挙区の長野県千曲市の「あんずの里」について「今がちょうど見頃です」「これまで見た中では最高でした」などと投稿していたことを夕刊紙が報じ、騒ぎの鎮静化につながった。

そんな中、4月1日に開かれた政府のコロナウイルス対策本部で、「全国5000万余りの全世帯を対象に、1つの住所につき2枚ずつ、布マスクを配布する」との考えを表明した。約200億円とされる経費は2020年度の補正予算案に盛り込む方針だが、これも直ちに大炎上した。

ネット上では、アベノミクスを揶揄した「アベノマスク」なるハッシュタグがトレンド1位となり、「使う税金をもっと重要な対策に回せ!」「国民をバカにするのもいい加減にしろ!」などという書き込みがあふれた。

次ページ首相側近が発案した「布マスク」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT