たいていの人は自分の「睡眠タイプ」を知らない

誰もが「朝型」なわけではないという事実

朝6時くらいに起きる人だと、冬の日が短い時期には「まだ暗くて太陽の光は感じられない」ということもあるでしょう。そういう場合でもカーテンは開けておき、太陽が昇ってきたら日差しを浴びてください。たとえ雨や曇りであっても、空の表情は日によって異なるので、見ているだけでも楽しいはず。「起きたらカーテンを開ける」という行動は、朝の習慣にしてしまうといいでしょう。

もう1つ、朝はセロトニンという脳内物質を増やす時間の始まりでもあります。なぜ、このセロトニンが重要なのでしょうか。

夜適切な時間に眠くなるためには

人が夜眠くなるのは、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されるからなのですが、このメラトニンは朝に分泌されたセロトニンが姿を変えたものです。ですので、夜適切な時間に眠くなるためには、朝セロトニンを出すことが肝となります。このセロトニンは太陽の日差しを網膜に入れることで分泌が促進されます。

『最強の睡眠 世界の最新論文と450年企業経営者による実践でついにわかった』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、ドーパミンやノルアドレナリンなど攻撃性が高い脳内物質の過剰分泌を抑え、イライラや不安を取り除いて楽しく穏やかな気分をつくり出してくれます。

セロトニンは夕方までの時間帯に分泌されますが、朝一番に太陽の日差しをしっかり浴びてセロトニンをたくさん放出しておけば、夜に質の高い睡眠が手に入るだけでなく、その日1日をベストコンディションで過ごせるのです。

自分の脳内にどのくらいのセロトニンが分泌されているかは、ビジネスパーソンにとって非常に大きな問題。無関心ではいけません。なお、少しでも効率的にセロトニンを分泌するには、できるだけ午前中に太陽の日差しを浴びるのがポイントとなります。

時間の目安は1回につき5~30分。猛暑の真夏なら5分がいいところでしょうが、日差しが弱い季節なら30分を目指しましょう。

「でも、ただでさえ忙しいのに、午前中に30分も日光浴の時間なんてつくれない」という人は、朝食をベランダなど日当たりのよい場所でとったり、通勤の時間にできるだけ日向を歩くだけでも効果はありますので、ぜひやってみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT