「ワンルーム」で快適に暮らす整理のコツ5選

新入社員向けに片づけのポイントを徹底解説

◇4月中に、休日2時間、確保しよう

仕事が始まってしまうと、なかなか平日に腰を据えて片づけに時間を割くのは難しくなります。3月の引っ越しのときに使った段ボールが、ゴールデンウィークまで未開封状態……なんて方も少なくありません。

1日の終わり、きれいな部屋でご飯を食べて、明日への活力をチャージしましょう(筆者撮影)

片づけは、「整理(ものの意味を考える)→収納(定位置を決める)→整頓(定位置に戻す)」の順に行います。定位置を決めないまま、その場しのぎで「整頓(なんとなく動かす・隠す)」を繰り返していても、永遠に部屋はきれいになりません。早いタイミングで「整理・収納」の時間を設けることで、その後は無理なくきれいな部屋をキープすることができます。

視界に余計なものが入るだけで、「疲れが取れない、くつろげない部屋」となってしまいます。忘れ物や無駄な買い物の原因にもなり、生活効率もダウンしてしまいます。新生活で忙しい時期ではありますが、3~4月のうちに、休日に2時間だけ、腰を据えて取り組む時間を確保しましょう。

すべての持ち物に背番号をつける

◇平日用・休日用を、くっきりと整理する

まずは整理、「ものの意味を考える作業」に取りかかります。

整理の基本は「全部出し」。引っ越しの段ボールを開封するタイミングは、整理のいいチャンスです。すべての持ちものに背番号をつけて、仕分けていきましょう。

背番号表に合わせ、床に1つひとつのアイテムを広げていきます(イラスト:『モノが多い 部屋が狭い 時間がない でも、捨てられない人の捨てない片づけ』より)

とくに新卒社員の方は、「平日に使うもの」と「休日に使うもの」を、明確に分けることをおすすめします。

大量のコスメアイテムも、どんなときに使うのか、シチュエーション別に分けてみましょう(筆者撮影)

収納場所を決める際も、平日のアイテムと休日のアイテムは明確に分けることで、出し入れがグンと楽になります。

使用頻度が低いアイテムも、「旅行・出張用」「趣味」など、用途で分類していきます。

旅行・出張グッズはチャック付きバッグにまとめてスーツケースの中に入れておくと、急な出張の際も慌てず便利ですよ。

次ページ次にモノの定位置を決める
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT