「満員電車は死ぬぞ」コロナでロンドン市長訴え

外出制限でも地下鉄は運行、通勤者で混雑

欧州連合(EU)からの脱退「ブレグジット」を経て、新たな国づくりを始めたばかりのイギリスだが、他国と足並みをそろえる必要がないからなのか、大胆な国民支援の政策を掲げたことに多くの喝采の声があがった。

地下鉄利用者は3月中旬から激減し、平日18時台でもこの状況だ=3月19日、アールズコート駅(筆者撮影)

ロンドン交通局は、最低限の交通インフラを供給するため、普段より運転間隔を大きく空けながらも、基本的に地下鉄全線の運行を維持している。270あまりある市内の地下鉄駅のうち、約40カ所を当分の間閉鎖すると決めたが、利用者には大きな影響はないだろう。

ロンドン自慢の地下鉄の週末深夜運転「Night Tube」こそ止めるが、バスは24時間運行を続け、深夜・早朝シフトの医療従事者の足を確保している。

「ソーシャル・ディスタンス」が重要

ただ、政府が国民に対し「とにかく家から出るな」と外出禁止を強く指示している中での乗り物の運行継続は、ウイルスの拡散防止という観点とは矛盾が生じる。

「1mのソーシャル・ディスタンス」を示す枠=3月19日、ロンドン地下鉄ハマースミス駅隣接のカフェ(筆者撮影)

そこでジョンソン首相をはじめ、政府や交通局は国民に対し「他人との間に”ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)”を取れ」と力強く訴えている。日本でもコロナ禍をめぐっては、「スーパースプレッダー」「クラスター」「オーバーシュート」など次々と新たなカタカナ言葉が生まれているが、英語圏では「ロックダウン(街の封鎖)」と並び、この「ソーシャル・ディスタンシング」が急激に多用されるようになっている。

この「ソーシャル・ディスタンシング」は、日本で言われる「濃厚接触」のように「これだけ近づくと危険」という表現ではなく、「この距離を取るとより安全」というものだ。当初、イギリスでは感染防止で取るべき距離は1m間隔だったが、欧州での感染が急激に進んだ20日過ぎから、その倍の2m間隔へと広がった。

これを受け、電車内では座席を少なくとも1席ごとに空けて座らなければならないし、スーパーのレジの列でも前の人との間隔を大きく空けて待つことになる(食料品店など生活に必須の店舗や、銀行や郵便局といった公共性の高い機関は営業を続けている)。

次ページ外出禁止だが一定の柔軟性はある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT