米新規失業保険申請件数、31.1万件に

4カ月ぶりの低水準、米労働市場は堅調

3月27日、米新規失業保険申請件数は31万1000件となった。写真はニューヨークの就職フェア会場で2012年10月撮影(2014年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 27日 ロイター] -米労働省が27日発表した22日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済)は前週比で1万件減少の31万1000件となった。昨年11月以来約4カ月ぶりの低水準で、労働市場が堅調に推移していることを示す内容となった。

ロイター調査では32万5000件への増加が見込まれていた。

前週分は当初発表から1000件増となる32万1000件に改定された。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる、4週間移動平均は9500件減の31万7750件と、昨年9月以来の低水準だった。

労働省によると、推定値を報告した州はなかった。

15日終了週の受給総数は5万3000件減の282万件と、12月以来の低水準だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。