米新規失業保険申請件数、31.1万件に

4カ月ぶりの低水準、米労働市場は堅調

3月27日、米新規失業保険申請件数は31万1000件となった。写真はニューヨークの就職フェア会場で2012年10月撮影(2014年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 27日 ロイター] -米労働省が27日発表した22日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済)は前週比で1万件減少の31万1000件となった。昨年11月以来約4カ月ぶりの低水準で、労働市場が堅調に推移していることを示す内容となった。

ロイター調査では32万5000件への増加が見込まれていた。

前週分は当初発表から1000件増となる32万1000件に改定された。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる、4週間移動平均は9500件減の31万7750件と、昨年9月以来の低水準だった。

労働省によると、推定値を報告した州はなかった。

15日終了週の受給総数は5万3000件減の282万件と、12月以来の低水準だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT