米国陸連が東京五輪延期を要請、米水泳連盟も

「このまま前に進むことは最善策ではない」

米国陸上競技連盟(USATF)は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪の延期を要請した。写真は2月14日、ニューメキシコ州アルバカーキで撮影(2020年 Kirby Lee-USA TODAY Sports)

[21日 ロイター] - 米国陸上競技連盟(USATF)は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪の延期を要請した。

USATFは米国のオリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)のサラ・ハーシュランド最高経営責任者(CEO)に対し、延期を求める書簡を送ったという。

同連盟のマックス・シーゲルCEOは「ほかのアスリートやスポーツ連盟などのスケジュールを考慮して、延期した五輪の日程を改めて組むことの難しさは理解している」としながらも、「現在の世界情勢の中、このまま前に進むことはアスリートたちにとって最善策ではない」と述べた。

米水泳連盟も東京五輪の延期を要請している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT