再びバブルが来るのか見極める3つのポイント

相場が一時戻っても、大きな「2次災害」に注意

つくづくイタリアには同情を禁じ得ない。EUの財政再建要請を受け入れて、これまで医療予算をバサバサ切ってきた。その結果がウイルスの蔓延であり、医療現場の崩壊である。そしてコンテ内閣は、ポピュリスト政党と中道左派による不安定な連立政権である。これでは素早い、思い切った対策も打てやしない。将来においてはイタリアのEU離脱があっても不思議ではないと思う。逆にイギリスのBrexit(ブレグジット)は良いタイミングだったかもしれない。

アメリカのシェール業者はどうなるのか?

次に注目したいのは「石油価格」である。山崎元さんが「今回のバブルはもう1回膨らむかもしれない」(3月14日配信)でも紹介してくれたが、筆者はかねがね2番底シナリオの最たるものは、石油価格のさらなる下落であると思っている。ちなみに直近の原油先物価格(WTI、NY先物市場で取引される代表的指標)は、一時1バレル=20ドル近辺まで下げてから反発したものの、20日のNY市場ではついに一時18年ぶりに20ドルを割れてしまった。

現在の原油安は、3月6日の「OPECプラス」総会において、サウジアラビアとロシアが決裂したことに端を発している。そうでなくてもコロナ騒動で石油需要は減るはずだから、ここは減産協力が必要なところ。しかるに結果は正反対で、既存の減産措置は3月末で終了となり、4月からは各国が相次いで増産体制に入ることになった。

サウジとロシアがなぜそんな決定をしたのか、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子とウラジミール・プーチン大統領の思惑が奈辺にあるのやら、筆者の鈍い頭ではサッパリわからない。もちろん石油安自体は結構なことで、ウチのご近所のガソリンスタンドは、すでにリッター価格130円を割っている。

むしろ問題は、アメリカのシェール事業者たちである。2016年の石油安局面をしぶとく生き残ってきた彼らだが、その資金源となっていたのがウォール街のハイイールド債市場(昔はジャンクボンドと呼んでいた)である。

このハイイールド債市場は、ヤバい企業にリスクマネーを供給するいかにもアメリカらしい仕組みなのだが、近年はどう見てもバブル化している。特に気になるのは、格付けの低い社債をパッケージにして、高利回りの高格付けにして売るCLO(ローン担保証券)という金融商品が人気になっていることだ。しかも超低金利が長期化していることで、運用難に直面している日本の金融機関が多く買っているという。

次ページサブプライムローンにそっくりな「怪しい仕組み」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT