自粛でどん底「飲食店」はいま何に困っているか

弁当の販売や宅配サービスで起死回生を図る

一方で、前出の渡邊さんは「少なくとも4月までは影響はあるだろうし、先のことよりも、まず3月をサバイブできるかどうかだ」と繰り返す。

さらに渡邊さんは「もう少し先を見た場合、オリンピック特需はもう期待できないだろう」と話した。大使館から貸し切り利用の問い合わせも受けていたが、「そういうのも立ち消えになるだろう」と諦めムードだ。

先行きが見えないことに飲食店側は不安

宮崎の村岡さんは、「口蹄疫のときは終息宣言の基準が明確だったので、そこを目標に頑張れる面もあった。ただ今回は『とりあえず2週間の自粛、休校を』で始まって、2週間経ったら『あと1週間』という感じで、終息の基準が見えないままダラダラいきそうだ」と不安を口にする。口蹄疫は2010年8月末に終息宣言が出たが、持ちこたえられなかった老舗旅館や個人営業の有名店が夏に力尽きたという。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

村岡さんは「今回だって、始まったばかりだ。夏前に息切れした店がばたばたいくのではないかと心配している」と話す。比較的楽観的な消費者サイドに対し、経営者側の見方は厳しい。コロナショックを乗り越えるための、飲食店の試行錯誤の日々が続く。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT