コロナがアメリカ映画館に招く「最悪シナリオ」

「劇場で映画観る文化」は終わるかもしれない

メジャースタジオに頼らない、インディーズや外国語映画をかけているアートハウス系映画館も、決して人ごとではない。コロナで一時中断されたからといってディズニーが実写版『リトル・マーメイド』の製作そのものをやめることはないだろうが、あちこちから投資家を募っているインディーズ映画には、タイミングに水を差されて崩壊してしまうものがいくつも出てくると思われるのだ。

そもそも、儲かる確率が決して高くない映画への投資には、見えが大きい。株価が暴落した今、「あの俳優の次の映画に僕は金を出しているんだよね」と言いたいがためにお金を出そうとしていた人は、連日の株価の急落でそれどころじゃなくなっているかもしれない。

はたして映画館は生き残れるのか?

映画祭の中止も響く。映画祭は、フィルムメーカーにとって批評家に自分の映画を発見してもらい、配給会社とのマッチングを行える機会だ。現段階で、カンヌ映画祭事務局は、まだキャンセルを決めていないものの、隣町ニースの市長が感染したこともわかったし、5月半ばの開催はどう考えても現実的ではないだろう。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

その後のベネチア映画祭も、イタリアに回復の兆しが見えるようになっていたとしても、映画祭をやれるほどの余裕があるかどうかは疑問。その直後のトロントは、カンヌやヴェネツィアがどうなるかわからない以上、読めない。そうなると、すでに完成している良作も埋もれてしまいかねないのだ。それはすなわち、「やっぱり映画っていいな」と、人々に感じさせるチャンスが、ますます失われるということである。

映画館に映画を観に行くという文化は、これまでずっと世界中で生き続けてきた。テレビが登場したときも壊されなかったし、近年のストリーミングの台頭にも負けるものかと戦ってきている。だが、今、目の前にある危機は、未曾有かつ巨大だ。この激しい嵐はいつ過ぎ去るのか。そしてそれが去った後その荒地には、映画館が残っているのだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT