利権にうごめくしたたかな「商人」たち--『排出権商人』を書いた黒木亮氏(作家)に聞く

利権にうごめくしたたかな「商人」たち--『排出権商人』を書いた黒木亮氏(作家)に聞く

--12月にコペンハーゲンで第15回の気候変動枠組条約締約国会議(COP15)が開催されます。絶妙なタイミングでの刊行です。

たまたま、この時期になった。経済小説はタイミングを合わせようとしても、そううまくはいかない。去年の『エネルギー』は出た翌月にリーマン・ブラザーズが潰れて、関心が一気にそちらに向き残念だった。しかし、書くことに意味がある。

--11作目で初めて女性が主役です。

今まで男性の主役ばかり書いてきて、女性はそれなりの苦労があるし、1回ぐらいはと思った。ただ、今新聞連載で『灰色の瞳』と題したトルコの女性官僚を主役にしたものも書いている。これには実在のモデルがいる。

--世界11カ国に取材したとか。プロローグはマレーシアのペナンです。

家内の休暇に合わせて、1週間ペナンに行ったとき、以前から話に聞いていた養豚場を取材した。そこで関係者や大学教授に会い、ここをプロローグに使うことにした。

--中国も北京、天津、山西省、新疆ウイグル自治区など臨場感があります。

何カ所も書けるわけではないので、中国は山西省の炭鉱と新疆の風力発電、天津のエネルギー効率化に絞った。山西省では1日600キロメートルを走ったり。産炭地のハイウェーでトラックからこぼれた石炭の雨に見舞われ、トラックの上で立ち小便するシーンにも出くわした。リアルに描写できただろうか。

--エンデイングは、希望を持たせつつ、地球温暖化に疑問符も付けました。

小説は結末がよくないと評価されない。結末がよければ7~8割方よい評価を得られる。最後をどうすべきか、真剣に考えた。本当は実際に読んでほしいところだが、主人公を一度社長昇格で「着地」させ、同時に「世紀のペテン説」で半ひねりを入れた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT