ハッカソンで中高生が流山市の問題解決【上】

たった3日間で、すごい作品ができた!

井崎義治市長が5つの課題を示す

1日目は、流山おおたかの森駅前で集合。流山市の水道局施設の大きな会議室に設けられた会場で、Life is Tech!のスタッフとGoogleの社員によるオリエンテーションが行われました。

その後、流山市の井崎義治市長が講演。流山市がここ10年でさまざまな面において劇的に改善したことを示したうえで、それでもまだ残っている5つの課題を示しました。

1)市に存在する300以上の公園が、まだあまり使われていない。もっと知ってほしい。

2)保育施設と幼児をマッチングさせたい。

3)外から市に訪れる観光客を増やしたい。

4)声にならない市民の意見をさらに吸い上げたい。

5)イベントの満足度などを数値化して次に生かしたい。

市長の話が終わると、聞き取りの時間が始まります。それぞれの課題の担当者(流山市マーケティング課)と、市のオープンデータ政策の担当者、実際に市で生活している育児中の住民への聞き取り調査です。

その後、取り組む課題の検討に1時間半与えられ、最後に希望を提出して、取り組む課題を確定します。

昼食を終えると、すぐに開発が始まりました。各チームは、Life is Tech! のメンターによる進行支援の下、ディレクター、プログラマー、デザイナーに分かれて開発を行います。一部のチームはデータベース、サーバー専門のエンジニア役になり、それぞれの得意分野に合わせて役割分けが行われました。

次ページ灘高の後輩とチーム「流石流山」を組んで……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT