ダウ2352ドル安、日経平均1万6000円台警戒 

下落率は10%、13日の日本株の行方に注目

米国株式市場は暴落。ダウ平均株価は2352ドル値下がりし、過去最大の下げ幅を記録したほか、下落率も約10%と1987年10月のブラックマンデー以降で最大になった。ニューヨーク証券取引所で撮影(2020年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国株式市場は暴落。ダウ平均株価<.DJI>は2352ドル値下がりし、過去最大の下げ幅を記録したほか、下落率も約10%と1987年10月のブラックマンデー以降で最大になった。トランプ米大統領が11日、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、英国を除く欧州からの入国禁止を発表したことが嫌気された。

S&P総合500種指数<.SPX>は2月19日に付けた最高値から20%超下落し、弱気相場入りした。新型コロナ感染が世界中で拡大の一途をたどる中、各国とも対応に苦慮している。

ノバポイント(ジョージア州)のジョゼフ・ストローカ最高投資責任者(CIO)は「市場はこれまでのコロナ対策が十分でないと感じており、これが売り継続につながっている」とした上で、「市民生活が通常に戻る見通しが全く立たない。著名な組織や教育機関、スポーツ団体などが相次いでイベントの中止を決めている」と述べた。

 

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21200.62 -2,352.6 -9.99 22184.7 22837.9 21154.4 <.DJI>

0 1 5 6

前営業日終値 23553.22

ナスダック総合 7201.80 -750.25 -9.43 7398.58 7712.33 7194.67 <.IXIC>

前営業日終値7952.05

S&P総合500種 2480.64 -260.74 -9.51 2630.86 2660.95 2478.86 <.SPX>

前営業日終値2741.38

ダウ輸送株20種 7259.02 -867.07 -10.67 <.DJT>

ダウ公共株15種 723.88 -88.56 -10.90 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1392.11 -170.43 -10.91 <.SOX>

VIX指数 75.06 +21.16 +39.26 <.VIX>

S&P一般消費財 766.60 -83.24 -9.79 <.SPLRCD>

S&P素材 271.97 -28.93 -9.62 <.SPLRCM>

S&P工業 490.22 -56.46 -10.33 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 537.00 -54.64 -9.23 <.SPLRCS>

S&P金融 336.66 -40.64 -10.77 <.SPSY>

S&P不動産 200.75 -19.12 -8.70 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 221.69 -31.08 -12.30 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 985.40 -78.87 -7.41 <.SPXHC>

S&P通信サービス 144.33 -14.12 -8.91 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1319.10 -143.90 -9.84 <.SPLRCT>

S&P公益事業275.20 -31.24 -10.20 <.SPLRCU>

NYSE出来高 22.00億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 17155 - 985 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限円建て 16855 - 1285 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT