ダウ2352ドル安、日経平均1万6000円台警戒 

下落率は10%、13日の日本株の行方に注目

米国株式市場は暴落。ダウ平均株価は2352ドル値下がりし、過去最大の下げ幅を記録したほか、下落率も約10%と1987年10月のブラックマンデー以降で最大になった。ニューヨーク証券取引所で撮影(2020年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国株式市場は暴落。ダウ平均株価<.DJI>は2352ドル値下がりし、過去最大の下げ幅を記録したほか、下落率も約10%と1987年10月のブラックマンデー以降で最大になった。トランプ米大統領が11日、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、英国を除く欧州からの入国禁止を発表したことが嫌気された。

S&P総合500種指数<.SPX>は2月19日に付けた最高値から20%超下落し、弱気相場入りした。新型コロナ感染が世界中で拡大の一途をたどる中、各国とも対応に苦慮している。

ノバポイント(ジョージア州)のジョゼフ・ストローカ最高投資責任者(CIO)は「市場はこれまでのコロナ対策が十分でないと感じており、これが売り継続につながっている」とした上で、「市民生活が通常に戻る見通しが全く立たない。著名な組織や教育機関、スポーツ団体などが相次いでイベントの中止を決めている」と述べた。

 

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21200.62 -2,352.6 -9.99 22184.7 22837.9 21154.4 <.DJI>

0 1 5 6

前営業日終値 23553.22

ナスダック総合 7201.80 -750.25 -9.43 7398.58 7712.33 7194.67 <.IXIC>

前営業日終値7952.05

S&P総合500種 2480.64 -260.74 -9.51 2630.86 2660.95 2478.86 <.SPX>

前営業日終値2741.38

ダウ輸送株20種 7259.02 -867.07 -10.67 <.DJT>

ダウ公共株15種 723.88 -88.56 -10.90 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1392.11 -170.43 -10.91 <.SOX>

VIX指数 75.06 +21.16 +39.26 <.VIX>

S&P一般消費財 766.60 -83.24 -9.79 <.SPLRCD>

S&P素材 271.97 -28.93 -9.62 <.SPLRCM>

S&P工業 490.22 -56.46 -10.33 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 537.00 -54.64 -9.23 <.SPLRCS>

S&P金融 336.66 -40.64 -10.77 <.SPSY>

S&P不動産 200.75 -19.12 -8.70 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 221.69 -31.08 -12.30 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 985.40 -78.87 -7.41 <.SPXHC>

S&P通信サービス 144.33 -14.12 -8.91 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1319.10 -143.90 -9.84 <.SPLRCT>

S&P公益事業275.20 -31.24 -10.20 <.SPLRCU>

NYSE出来高 22.00億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 17155 - 985 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限円建て 16855 - 1285 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。