即酔える"ストロング系"酎ハイに溺れる人たち

500ml缶1本で「テキーラ4杯弱分」に

女性好みの甘口で飲みやすく、口当たりもよく強めの炭酸ものど越しがさわやかだ。だから、いくらでも飲めてしまう。飲んでいるときだけは、非正規の不安も離婚の傷も、きれいさっぱり忘れることができる。

こんなストロング系チューハイを称して、“飲む福祉”“危険ドラッグ”と揶揄する人たちまで出始めている。

ストロング系飲料は手ごろでおいしい。ついつい手がのびてしまう。だからこそ心得ておきたいのが、この飲料との上手な付き合い方だ。

1本でテキーラ約4杯分

山崎さんや永吉さんのように、ついついストロング系チューハイに手を出してしまうような女性たち。その背景には、日々の暮らしのつらさや悩み、漠然とした孤独感、将来への不安があるという。

「つらさや悩みを抱えていると、仕事の作業効率が低下します。仕事が疎かになるからミスが増え落ち込み、さらに作業効率が低下する悪循環のスパイラルに。

そんな中で飲み始め、早く酔うためには、安くて口当たりのいいストロング系チューハイがいちばんいい。

アルコール依存症の人の飲酒は、楽しむために飲むのではなく、つらいから飲む、苦しいから飲む。つまり酔うために飲んでいるんです

こう語るのは、アジア最大規模の依存症治療施設である「大森榎本クリニック(東京都・大田区)」でアルコール依存症をはじめ、さまざまな依存症の治療に携わっている精神保健福祉部長の斉藤章佳さんだ。

斉藤さんが言う。

「だいたい2年ぐらい前から、アルコール依存症の患者さんが飲むお酒の内容が変わってきていますね」

それ以前は、アルコール依存症の人が飲むお酒といえば、4リットルの大型ペットボトル入り焼酎やワンカップ、紙パック入りの日本酒のようにさまざまな種類のお酒が飲まれていた。

「それが今では500ミリリットルのストロング系チューハイばかり。それがどれもみな、アルコール度数9%以上のものなのです。

量も異様で、45リットルのゴミ袋が空き缶で満杯で、それが3袋ぐらい普通に転がっていたりする」(斉藤さん、以下同)

焼酎や日本酒などと違い、ストロング系チューハイは500ミリリットルで1本150円程度。プライベートブランド品なら100円前後ときわめて安価だ。

さらにはアルコール度数9%ならば1本に入っているアルコール量は36グラムで、これはテキーラをショットグラスで4杯弱分に相当する。200円にも満たない金額で、テキーラ4杯と同じぐらい酔えるのだ。

次ページ“負の強化”にハマると危ない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT