即酔える"ストロング系"酎ハイに溺れる人たち

500ml缶1本で「テキーラ4杯弱分」に

「安くて飲み口がいい、つまり早く酔えるから、飲むペースが速くなる。ペースが速くなると、血中濃度が急激に上がり急性アルコール中毒のような症状が出る人もいます。

とくにストロング系チューハイは、自傷行為が増える、急に窓から飛び降りる、車道に飛び出すなどとっぴな行動をとることもあり、われわれ専門家にも症状の出方が予測できない怖さがあります

“量も飲めれば、酔いも早い”ストロング系チューハイの危うさは当時者たちも感じているようで、“酩酊(めいてい)感がこれまで飲んできたアルコール飲料とは別次元だ”という声が聞かれるという。

日々の飲酒量で認知症の発症率が違ってくる

飲みやすく、われわれのフトコロにもやさしいはずのストロング系チューハイ。いったい、どんなふうに飲めばいいのだろうか?

東京・有楽町駅周辺には帰りがけに“ワンカン”(外で缶入りアルコール飲料を飲むこと)を楽しむ人々の姿がよく見かけられる。ストロングはここでも大人気(写真:週刊女性PRIME)

「適正飲酒量、言い換えると健康を損なわないで飲めるアルコールの量は、毎日飲む女性だと1日10~13グラム。これは350ミリリットルの缶ビール約1本分にあたります。男性であれば20グラムまでが適正の範囲です」

ロング缶(500ミリリットル)のアルコール量はおよそ36グラム。350ミリリットル缶にしても25.2グラムだから、毎日飲むには多すぎる。もしストロング系チューハイを飲みたいのなら、350ミリリットル缶の半分の量を楽しみ、残りの半分はパートナーや家族、仲間とシェアすべきだろう。量に物足りなさを感じたら果汁などで割って飲むのもいい。

ちなみに、適正飲酒量を守って飲酒していた人と適正量以上を毎日のように飲んでいた人の65歳時点での認知症発症率を比べると、後者は6年早まるという研究がある。

高齢期での認知症予防のためにも、“適量を守って正しく飲む”姿勢は欠かせない。

前述の山崎さんや永吉さんのような女性は、1度、専門医療機関に相談するといいと斉藤さん。アルコール依存症は生活習慣の病であり、孤立化していく病でもある。人とのつながりを取り戻していくことも、支援や回復の中で重要だからだ。

さらには、こんなことも。

「依存症は生物的な素因(遺伝的要因を含む)や心理社会的な影響が原因となることが多い。実は、いじめなどの逆境体験も原因になります。こうした経験をしている人は、自己肯定感が低く、“自分には価値がない”と感じています。その傷を、アルコールの酔いが忘れさせてくれるという学習をしてしまうと、離れられなくなります。これが依存症の本質で、“負の強化”といわれています

次ページ最近の治療の仕方は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT