即酔える"ストロング系"酎ハイに溺れる人たち

500ml缶1本で「テキーラ4杯弱分」に

これまで依存症は、快感や快楽など、脳の報酬系に作用する“正の強化”が原因とされていた。ところが、これには限界がある。いくら覚せい剤やセックスが気持ちよくても、使える量や回数には限りがあるのだ。

「ところが負の強化には限界はありません。つらかった過去の記憶や心理的な苦痛が、すべて消え去ることはないからです」

《1日の適切な飲酒量の目安(純アルコール20gに相当する酒量)》
日本酒(15%)……1合(180ミリリットル)
ビール(5%)……中瓶またはロング缶1本(500ミリリットル)
焼酎(25%)……グラス2分の1杯(100ミリリットル)
チューハイ(7%)……缶1本(350ミリリットル)
ウイスキー、ジン(40%)……シングル2杯(60ミリリットル)
ワイン(12%)……グラス2杯弱(200ミリリットル)
※厚生労働省では男性の1日のアルコール摂取量を「20g程度が適切」としている。女性はその2分の1~3分の2だ

断酒でなく減酒でつながりを取り戻す

こうした心の痛みを和らげ、人はなぜ依存症になるのかという本当の原因を理解したうえで治療に取り組もうと、医療機関でのアプローチが、以前とはまったく違う形に進化しつつある。

「依存症一歩手前の段階で相談できる機関として、“減酒外来”というのがあります。お酒を減らしていくための外来で、どうやって減らしていくかを一緒になって考えます。決して断酒を強制されることはありません」

減酒外来で行われるのが、レコーディング(記録)による治療法だ。適正飲酒量を理解したうえで、カレンダーに毎日、飲酒量を記入、1カ月にどれだけ飲んだかを把握する。それを週ごとや月ごとに比較するのだ。

「アルコール量が減ればγ-GTP(アルコールによる脂肪肝などの目安となる)の数値も減るし、体重も減ります。確実に身体が健康的に変化していきます。こんなふうに、お酒の量と健康との相関関係をきちんと見ていく。これはすごく有効なアプローチで、多くの人が適正飲酒量に近づいていきます」

こうした方法で、まず“人間らしい生活を取り戻してもらうこと”が最近の治療傾向だという。

ポイントは生活習慣の改善と“つながりを取り戻す”です。依存症者はお酒によって家族や仕事など、いろいろなつながりを失ってきました。われわれ専門家は当事者が酒で何を失ってきたかを客観的に評価して、その関係性に介入することで家族関係を修復したり、新しいつながりを作るサポートをします。

極論的には酒をやめさせることではなく、死を防ぐことが重要。なので、治療の継続率に重点を置きます。これが最近のアルコール治療の基本的な考え方です

“酒は飲んでも、飲まれるな”そんなことわざがある。お酒は本来、おいしく楽しく適量を飲むもの。もちろんだが依存症や認知症、また死のリスクを負ってまで飲むものではない。ストロング系チューハイにしても夫婦や家族、仲間とシェアして適量を飲み上手に付き合っていければ、われわれ庶民のフトコロにとってこれほどありがたいものはない。

ストロング系チューハイを毒にするのも楽しいパートナーにするのも、実は私たち次第なのである。

(取材・文/千羽ひとみ)

【識者PROFILE】
斉藤章佳(さいとう あきよし)さん/大森榎本クリニック精神保健福祉部長。精神保健福祉士、社会福祉士。大学卒業後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックにソーシャルワーカーとして、約20年にわたりさまざまなアディクション問題に携わる。専門は加害者臨床。全国での講演も含め、その活動は幅広くマスコミでもたびたび取り上げられている。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT