解禁へ向け動き出した“インターネット選挙運動”[1]


 要するに、ホームページや電子メールを選挙運動のために使用する際に、不特定または多数人に発信到達させることは、同法第142条の規定に違反することとなるのだ。インターネットと印刷物を同列に扱うことには多少無理があるかと思われるが、時代に法律が追いついていないというのが現状なのだ。

条文と規制内容を表で整理すると、以下のようになる。


出典:国立国会図書館ISSUE BRIEF NUMBER 517(MAR.6.2006)



出典:国立国会図書館ISSUE BRIEF NUMBER 517(MAR.6.2006)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。