解禁へ向け動き出した“インターネット選挙運動”[1]


 要するに、ホームページや電子メールを選挙運動のために使用する際に、不特定または多数人に発信到達させることは、同法第142条の規定に違反することとなるのだ。インターネットと印刷物を同列に扱うことには多少無理があるかと思われるが、時代に法律が追いついていないというのが現状なのだ。

条文と規制内容を表で整理すると、以下のようになる。


出典:国立国会図書館ISSUE BRIEF NUMBER 517(MAR.6.2006)



出典:国立国会図書館ISSUE BRIEF NUMBER 517(MAR.6.2006)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?