解禁へ向け動き出した“インターネット選挙運動”[1]


今までの議論

こうした状況を打開するために総務省において、2001年に「IT時代の選挙運動に関する研究会(座長:蒲島郁夫)」が設置された。その研究会では13回の会合を重ね、02年8月に報告書が取りまとめられた。同報告書のポイントは以下のとおりだ。

民主党・自民党も国会等において論議してきたが、結論にはいたっていない(詳細は次回以降述べる)。

日本におけるインターネットユーザーは、人口の75.3%に当たる9091万人(2008年総務省調査より)に達している。Blog、Twitterなど新しいサービスも次々と登場しており、本格的なインターネット社会はますます進んでいくであろう。民主主義を支える重要なルールである選挙制度に、インターネットをどう利用していくのか、議論を深めていきたい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。