ユニクロとソフトバンク、会議の意外な共通点

強い会社は「会議」で何をやっているのか

組織の意思決定のスピードを変革するには、まず「判断できる人間」が一堂に集まって議論を尽くすことである。「判断できる人間」とは、具体的には組織の長と現場のリアルを知っている担当者だ。「判断できる人間」が一堂にそろう会議は、その場でものごとが決まっていく。

意思決定の速さと行動の速さは、会議の仕組みからも生まれている。ファーストリテイリングが「ワンテーブル・ミーティング主義」を大事にしたのも、実質的に関係のある人が集まることで、「製造小売業」という「ビジネスモデル」に必要な即断、即決、即実行が可能になるからだ。意思決定が迅速にできるわけだ。ここでも「会社の強み」と「会議の質」は関連している。

ソフトバンクは「ブレスト」を重視

ソフトバンクで、大きな意思決定をする際には、毎日のようにブレインストーミング(以降「ブレスト」)が行われていた。正確にいうと、上層部から現場の社員まで、すべての人が行っているわけではない。つねにブレストをしていたのは、経営トップを中心とした幹部クラスだ。新しいビジネスに参入するためのシナリオ、既存事業の強化のための方策など、ブレストのテーマは尽きない。

ソフトバンクは新しいことをつねに模索している。既存の仕事の延長だけでは決められない案件ばかりだ。だから、アイデア出しは重要になる。調べられることは徹底的に調べ上げたうえで、それを材料に徹底的にアイデアを練り上げていく。

感覚ではなく、事実ベースを大切にしている。データも含めた事実を共有し、それを踏まえて発想することが求められる。幹部には、その感覚が染みついているので、知らず知らずにブレストによる会議の効率と効果は高まる。

幹部で行うブレストの主催者は、経営トップである。参加者のアイデアを取り込みながら、それを上回るアイデアを自ら出し、さらに議論の質を高め、最終的には主催者が意思決定していく。ソフトバンクという企業のベースに流れる挑戦心とスピード感も、会議と密接に関係があるのだ。

「強い会社」の会議に共通する特徴

以上の3社に共通するもう1つの特徴がある。それは、既存の延長や他社の物真似を嫌い、「ゼロベース」からの発想(ゼロベース思考)を求めることだ。

『「強い会社」に変わる仕組み』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

求められるのは会議だけではないが、当然、会議の場でも強烈に求められる。「ゼロベース思考」とは、これまでの常識や規則、枠組みをつねに疑い、本当に正しいかどうかを考察し、白紙の状態から考えていくことである。ゼロベースから、あるべき姿やあるべき方法を考えて結論を導いていくのだ。

どのような会社でも、「なぜ、それを行うのか?」「なぜ、そのような方法で行うのか?」「なぜ、そのようなタイミングで行うのか?」をゼロベースで根本から考える習慣は持っておくべきだ。会議でも、この視点で議論を尽くすべきだ。この習慣が組織にあると、一つひとつの仕事の質が上がるだけでなく、組織としての変化への対応力が増す。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT