セレブも熱視線、フィリピン不動産の将来性

経済成長の一方で価格は東京の4分の1と割安

アヤラランドの説明会には約50人の日本人投資家が集まった

「消費の拡大などから、フィリピン経済は今後も成長が期待されている。フィリピンの不動産は、投資目的でも大きなリターンが期待できる」

3月19日、東京・六本木でフィリピンの不動産開発大手、アヤラランドセールスが開いた投資家向け説明会では、集まった約50人の投資家たちが同社のマイク・ヒューゴ社長の話に熱心に耳を傾けた。

アベノミクス効果による金融資産の拡大などにより、国内外の不動産への投資意欲が高まっている。中でも、ASEAN諸国は今後の経済成長期待もあって日本人の個人投資家の関心も高い。

アヤラランドが日本で説明会を開くのは昨年11月以来2回目だが、今回は「予想していたよりずっと多くの人が集まった」(日本で同社物件の販売代理を手掛ける早稲田フロンティアマインドの森田尚樹社長)。投資家からは「(マンションの)管理費は銀行の自動引き落としがあるのか」「物件のメンテナンスはどの程度行われるのか」などの質問が相次ぎ、関心の高さがうかがわれた。

成長続くフィリピンの不動産市場

近年のフィリピンの経済成長は目覚ましい。2013年のGDP成長率は7.2%と、アジアでは中国に次ぐ成長を遂げた。スタンダード・アンド・プアーズなど3つの格付け会社も、フィリピン国債を投資適格級に引き上げている。

次ページフィリピン不動産の優位性は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。