あのベンツが「立ち食いそば屋」とコラボのなぜ

メルセデス日本社長が明かすブランド戦略

Minatoya 3で提供される肉そば(記者撮影)
2月の平日12時半。世の中は新型肺炎で自粛ムードの中にもかかわらず、六本木の立ち食いそば屋「Minatoya 3」の店内は、サラリーマン風の男性や、男女5人組の客などでにぎわっている。
このそば屋は2019年2月まで虎ノ門で「港屋」の屋号で営業し、ラー油と肉を組み合わせたつけ汁につけて食べる肉そばを目当てに、日本一行列ができる立ち食いそば屋として有名だった(大手町の2号店、港屋2は現在も営業)。
その港屋が六本木に出店したのは同年12月のこと。場所はドイツの高級外車、メルセデス・ベンツのショールーム「Mercedes me Tokyo」の敷地内だ。メルセデス・ベンツ日本が口説き、出店に至った。高級外車のインポーターがなぜ立ち食いそば屋を招いたのか。社長の上野金太郎氏に聞いた。

集客の起爆剤として思いついた

――なぜ港屋さんを?

もともとショールームの2階とショールームに隣接する建物で洋食レストランを営業していた。EQハウスというEV発信の場所を2019年3月に作ったら、隣接する建物が、外から見えにくく奥まってしまって、お客さんがやや減っていた。

そこで集客の起爆剤として思いついたのが、繁盛店として有名だった港屋さん。私自身大ファンだけれど、お店はいつも行列ができていてなかなか食べられない。

社長の菊地(剛志)さんとは知り合いで、本物へのこだわりなど共感できる部分が多かった。ぜひ出店してほしいとこちらから昨年の11月にお声がけした。やるならどちらかがどちらかの知名度に頼るんじゃなくて、お互いシナジーがある関係じゃないと。 

次ページベンツのイメージと合うのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT