あのベンツが「立ち食いそば屋」とコラボのなぜ

メルセデス日本社長が明かすブランド戦略

――ベンツのブランドイメージと一致しないようにも見えます。

保守的なブランドというイメージから脱却したくて、いろいろとやってきた。ショールームとしてMercedes meを作ったり、(任天堂のゲームキャラクターの)マリオを起用したCMをやったり。今回だってそう。

こういう新しいことをやると、いろいろと批判されることもある。大抵はベンツのユーザーではない方からだけど、こちらとしてはしめたものだと(笑)。興味は持ってくれたってことなので。

逆にユーザーはむしろ好意的な人が多い。自分の持っているブランドは古くさいより若々しいイメージのほうがいいでしょう。面白いことやっているねと思ってほしい。

ドイツ本社からは反対された

――ショールームの開設自体、非常に苦労したと聞いています。

私が副社長だった2011年にドイツ本社と交渉して、なんとか「Mercedes me」のオープンにこぎつけた。本社からは「車を売らない店舗はペイしない」と反対されたけど、粘り強く説得して了解をもらった。高級ブランドの販売店はどうしてもハードルが高い。ショールームをつくって、そのハードルをなんとかして下げたかった。

ショールーム横にある店舗の概観(写真:メルセデス・ベンツ日本)

日本では外車と言えば壊れやすくて、修理が難しくて、高いというイメージがある。でも、本当のところは小さいAクラスなどでは200万円台から買える。2011年はAクラスがモデルチェンジになった年で、そうしたことも多くの方に知ってもらいたかった。

現在、「Mercedes me」は東京の六本木、羽田空港、プリンスホテル、大阪に4店。最初はメルセデス・ベンツコネクトだった名前も、グローバルに取り組みが広がって今の名前になった。レストランやグッズ販売の収益を加味してもペイしていないが、それでも新たなユーザーを獲得するために必要なコストだと割り切っている。

次ページMercedes meの効果は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT