あのベンツが「立ち食いそば屋」とコラボのなぜ

メルセデス日本社長が明かすブランド戦略

――その効果は出ていますか。

欲しいと言ってくださる方を販売店へ紹介などもしているが、数字の上で何台販売につながったかは評価が難しく出していない。とはいえ、Aクラスの効果もあって50代、60代が多かった購買層の年齢は確実に下がってきた。販売店の人がお客さんと来ることもある。地方からわざわざ出てきてという話も聞く。最近はほかの輸入車メーカーも似たコンセプトのお店を増やしてきている。

あくまで販売店を紹介するだけ

――今後の展望について教えてください。

今国内でベンツの保有は約76万台、みなさんが10年に1度乗り換えてくだされば7万6000台は売れる計算だ。ただ、実際はそう簡単ではない。車は1台1台、地道に売っていくしかない。新車が出た年は多少、客さんのほうから来てくれるが……。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。2013年社長就任。初の日本人社長で、在任7年は異例の長さだ(記者撮影)

Mercedes meが押し売りをしていると言われてしまうと本末転倒なので、欲しいというお客さんに販売店を紹介するだけ、これがとても大事。久しぶりに販売店に行くとどこかよそよそしいし、店員も変わっていることも。行ったことがない方なら場所も知らない。そこで予約を取って販売店に行ってもらう。

初めてでもいつ行けばいいか、誰に会えばいいかわかっているので入りやすい。お客さんが求めているものや、欲しい車も共有できていれば話もスムーズに進む。ノーアポだと対応できずに機会損失になることもあるし。販売店とも協力してその辺のシステムをうまく作りたいと思っている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT