念願叶って転職しても長続きしない根本原因

転職しても年収アップにつながらないことも

年収アップを目的にした転職をすると、だいたい失敗してしまう理由とは?(写真:metamorworks/PIXTA)  
人事コンサルタントとして、1万人以上のビジネスパーソンの昇格面接や管理職研修を行い、300社以上の企業の評価・給与・育成などの人事全般に携わってきた西尾太氏による連載。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

転職しても必ず年収が上がるとは限らない

がんばっているのに評価されない。昇進できない。給料が上がらない。そんな不満があって転職を考えている人もいると思います。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

たしかに今いる会社がすべてではありません。自分の能力をより発揮できる会社、より評価してくれる場所を求めて転職するのもキャリアアップの1つの方法です。

ただし転職を考える際に大切なのは、その目的です。中途採用の求人広告でよく見かける「転職で年収アップ」といったフレーズに惹かれて安易に転職することはすすめられません。

これまで多くの転職者を見てきた経験を根拠に言わせていただくと、転職したからといって必ずしも年収が上がるとは限りません。もっとはっきり言えば、年収アップを転職の目的にすると、だいたい失敗します。

「鳴り物入りで入社した中途採用は鳴らない」

これは人事の間では、半ば常識とされています。年収アップを目的に入社した中途採用は、年収に見合った働きができないことが多いもの。そのため採用する場合は、年収に見合った働きをしなければ、2年目からは年収を落とせるように準備しているケースも多々あります。

企業側のニーズと転職者側の希望が100%マッチすることはまずありません。年収アップを目的に転職してしまうと、企業側が求めるニーズと自身が求める方向性が大きくズレてしまうことが多く、長続きしないのです。

次ページ転職を考えたときは「年収」よりも「理念」を優先する
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT