仏エルメス、中国で底堅い成長

13年通期は6.8%増益、営業利益率は過去最高

3月20日、仏高級ブランドのエルメスが発表した2013年通期決算の純利益は7億9000万ユーロとなり、前年比で6.8%増加した。米カリフォルニア州の店舗で昨年9月撮影(2014年 ロイター/Fred Prouser)

[パリ 20日 ロイター] -仏高級ブランドのエルメス が20日発表した2013年通期決算の純利益は7億9000万ユーロとなり、前年比で6.8%増加した。営業利益率は32.4%と、前年の32.1%から上昇し過去最高を記録した。

中国政府による汚職の取り締まりで同国富裕層による高級品の購入が減少し、仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)やケリング 、グッチなど競合他社の売り上げが伸び悩む中、エルメスは底堅い成長を見せている。

営業利益は12億1800万ユーロ(16億9000万ドル)と、前年比8.9%増加した。

エルメスは2013年通期の配当を2.70ユーロとし、前年の2.50ユーロから引き上げることも明らかにした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT