仏エルメス、中国で底堅い成長

13年通期は6.8%増益、営業利益率は過去最高

3月20日、仏高級ブランドのエルメスが発表した2013年通期決算の純利益は7億9000万ユーロとなり、前年比で6.8%増加した。米カリフォルニア州の店舗で昨年9月撮影(2014年 ロイター/Fred Prouser)

[パリ 20日 ロイター] -仏高級ブランドのエルメス が20日発表した2013年通期決算の純利益は7億9000万ユーロとなり、前年比で6.8%増加した。営業利益率は32.4%と、前年の32.1%から上昇し過去最高を記録した。

中国政府による汚職の取り締まりで同国富裕層による高級品の購入が減少し、仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)やケリング 、グッチなど競合他社の売り上げが伸び悩む中、エルメスは底堅い成長を見せている。

営業利益は12億1800万ユーロ(16億9000万ドル)と、前年比8.9%増加した。

エルメスは2013年通期の配当を2.70ユーロとし、前年の2.50ユーロから引き上げることも明らかにした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。