仏エルメス、中国で底堅い成長

13年通期は6.8%増益、営業利益率は過去最高

3月20日、仏高級ブランドのエルメスが発表した2013年通期決算の純利益は7億9000万ユーロとなり、前年比で6.8%増加した。米カリフォルニア州の店舗で昨年9月撮影(2014年 ロイター/Fred Prouser)

[パリ 20日 ロイター] -仏高級ブランドのエルメス が20日発表した2013年通期決算の純利益は7億9000万ユーロとなり、前年比で6.8%増加した。営業利益率は32.4%と、前年の32.1%から上昇し過去最高を記録した。

中国政府による汚職の取り締まりで同国富裕層による高級品の購入が減少し、仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)やケリング 、グッチなど競合他社の売り上げが伸び悩む中、エルメスは底堅い成長を見せている。

営業利益は12億1800万ユーロ(16億9000万ドル)と、前年比8.9%増加した。

エルメスは2013年通期の配当を2.70ユーロとし、前年の2.50ユーロから引き上げることも明らかにした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。