仏エルメス、中国で底堅い成長

13年通期は6.8%増益、営業利益率は過去最高

3月20日、仏高級ブランドのエルメスが発表した2013年通期決算の純利益は7億9000万ユーロとなり、前年比で6.8%増加した。米カリフォルニア州の店舗で昨年9月撮影(2014年 ロイター/Fred Prouser)

[パリ 20日 ロイター] -仏高級ブランドのエルメス が20日発表した2013年通期決算の純利益は7億9000万ユーロとなり、前年比で6.8%増加した。営業利益率は32.4%と、前年の32.1%から上昇し過去最高を記録した。

中国政府による汚職の取り締まりで同国富裕層による高級品の購入が減少し、仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)やケリング 、グッチなど競合他社の売り上げが伸び悩む中、エルメスは底堅い成長を見せている。

営業利益は12億1800万ユーロ(16億9000万ドル)と、前年比8.9%増加した。

エルメスは2013年通期の配当を2.70ユーロとし、前年の2.50ユーロから引き上げることも明らかにした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT