バイデン氏「逆転」でも混迷する民主党候補選び

サンダース氏を警戒、企業はトランプ支持

リーマンショックや気候変動の影響、テロ・銃乱射事件の多発など、アメリカの若者は小さい頃からあまりいい経験をしておらず、富の格差の拡大によって、親の世代のようなミドルクラスの生活が遠のいている。「大学に入ってもホームレスになるような状況が、全米各地で起きている。将来に不安しかなく、社会に憤りを感じる若者が多い」(渡辺氏)。

そうした若者がエスタブリッシュメント層による政治に「革命」を起こそうとしているサンダース氏に共感し、支持者を増やしている。「国民皆保険」や「学生ローン帳消し」、「富裕層大増税」など政策は過激だが、それくらいやらないと今の社会は変わらないという考え方である。

若者人気が選挙での勝利に直結

人口動態的にも、いわゆる「ミレニアル世代」(1981~96年に出生)と「Z世代」(1997年以降に出生)は、今回の選挙から「ベビーブーム世代」(1946~64年に出生)を上回る最大の有権者グループになると言われている。それだけに若者人気は選挙での勝利に直結しやすくなっている。

サンダース支持層は、学生や教職員らが中心となってIT技術も活用しながら知人からその知人へと、非常にシステミックに草の根の支持層を開拓しており、「選挙戦術の緻密さと洗練さが格段に増している」(渡辺氏)。サンダースの選挙資金は平均20~30ドル程度の小口献金が多いが、それでも2月に集めた資金は4650万ドル(約50億円)とバイデン陣営を大幅に上回ったという。

加えて、「前回の大統領選ではサンダース支持者はほぼ白人のみだったが、今回はヒスパニック系などの支持がかなり増え、女性や幅広い移民からの支持も増えている」(渡辺氏)。そこに大きく貢献しているのが、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員の存在だ。

プエルトリコ系労働者階級の家庭に生まれ、大学卒業後もNYブロンクス区でウエイトレスをしていた同氏は、2018年に女性として史上最年少の29歳で下院議員に当選し、メディアの注目を浴びた。その同氏がサンダース陣営の応援団長となっており、サンダース氏と並んでポスターにも写っている。ヒスパニック系の支持拡大は、同系住民の多いカリフォルニア州やテキサス州におけるサンダース氏善戦の一因となっている。

「サンダース氏ではトランプ氏に勝てないと言われるが、かつてのレーガン氏やオバマ氏、トランプ氏にしろ、最初はそう言われていた。ありえないことが起こるのがアメリカの選挙。民主党内の融和を図れれば、(トランプ氏に勝利する)可能性がないとは言えない」(渡辺氏)。

次ページトランプ氏が嫌がるバイデン氏の指名獲得
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT