折れそうな心の鍛え方 日垣隆著

折れそうな心の鍛え方 日垣隆著

ストレスフルな現代社会では、誰もが「うつ」状態にならないとは限らない。

作家・ジャーナリストである著者は、医者にかからずにうつを克服したことがある。本書はその時の経験を元に、素人がうつにならない、なっても克服するための自己流の方法を披瀝している。あくまでも日常的な落ち込みの延長線上にあるうつ状態に対処するもので、医学的な鬱病以前の話ではある。

最もよい予防法は、栄養をとり、日々体を鍛えておくこと。不幸にもうつになった場合は薬に頼るのもいいが、病が軽く済むか重く済むかは、日ごろの生活で培われた自己免疫力がものをいう。

そのための具体的方法50を紹介している。

幻冬舎新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT