パンデミック迫る「新型コロナ感染」の非常事態

宗教団体を通じた感染拡大の危険性も露呈

韓国に並んでイタリアでも北部を中心に感染者が急増して、11の自治体が事実上の封鎖状態となった。

またイランでも感染者と死者が増加。ここでも宗教が大きく影響した。首都テヘランの南に位置するコム州が感染者の発生源とされ、ここにあるイスラム教シーア派の聖廟の集団礼拝から広まっていったとされる。いずれも、ヨーロッパ、中東の周辺諸国へ感染を広めている。

そうしたなか、27日にはブラジルで感染者が認められた。南米でははじめてで、これで南極をのぞく5大陸で感染が広がったことになる。

WHO(世界保健機関)によれば、26日時点で8万1000人以上が感染し、中国以外にも40近い国に感染が拡大している。そのうち中国では7万8000人以上が感染、死亡者は2700人を超えている。

パンデミックとなったときの日本はどうなるか

もはやこれはパンデミック(世界的感染爆発)だろう。アメリカのCDC(疾病対策センター)もパンデミックが近いことを認め、同国内での感染の広がりを予測している。WHOのテドロス事務局長も27日に「パンデミックの可能性がある」とし、各国に対応を要求している。SARSの時にはなかったことだ。

画像をクリックするとコロナウイルスに関連する記事の一覧にジャンプします

今回の新型コロナウイルスは、SARSに比べて感染力が強いことがわかってきた。SARSは肺に入って重症化し、ウイルスを撒き散らす。しかし、今回は喉などの上気道にも留まって増殖する。それだけウイルスが放出されやすい。

感染者の2割が重症化する一方で、8割は軽症であり、無症状のケースもある。自覚症状のないままウイルスを撒き散らす。だから、誰からどう感染するのか、わからない。

SARSの現地取材では、ホテルや公共施設に入るには、かならず検温を実施していた。それもホテルでは、熱が無いことが確認されると、目印に小さなシールを胸元に貼られた。日本でもそうした検温の対策をとるべきだと考え、繰り返し指摘してきた。だが、発熱の症状もないままウイルスを撒いているのなら、その効果もない。

幸い8割は軽症といっても、基礎疾患をもっていたり、高齢者は死亡のリスクが高くなる。新型コロナウイルス感染者全体の死亡率は約2.3%で、SARSの約10%よりも低いとされる。とはいえ、感染者数が増えれば、それだけ死亡者の数が増えることはいうまでもない。

政府は、この2週間が感染抑止の瀬戸際としているが、それでも感染者が増えることを予測して、優先的な医療体制を整える対策に乗り出している。

SARS流行時では、病院内に収容しきれず院外で命を落とした患者も少なくなかった(2003年、筆者撮影)

感染者が急増して医療機関に一気に押しかけることによって、病院機能が追いつかず、処置が遅れることも十分に考えられる。

院外に置かれたストレッチャーに患者が寝かされていた、SARSのケースのように。そうなると、重症化も進み、命を落とすことも増える。実際にそこで亡くなった老人をSARSの現場で知っている。

すると、いまできることは、自分が感染しないようにすることと同時に、むしろ、もう感染しているのかもしれない可能性も考慮した対策だ。感染していたとしても、絶対に人にうつさないことにも、注意を払う段階にきている。マスクと手洗いは自他共に感染を防ぐ有効な手立てだ。そこにもうひとつ、他人を思いやる本当の意味での“忖度”が必要になる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。