糖尿病患者に期待の新薬、1300万人の巨大潜在市場を狙う

 インスリンは、よく知られているように、患者自らが皮下注射する。日本では、「自分で針を刺す」ことへの抵抗感が患者側に非常に強いこともあり、医師にも「経口薬が先でインスリンは最後の手段」という考えが根強い。その結果、患者によっては高血糖が長期間続き、失明や足の壊死・切断、高血圧、腎不全といった深刻な合併症を招いてしまうことも少なくはなかった。だが早期に高血糖を抑制すれば、こうしたリスクを徹底的に抑えることができる。

これを“好機”ととらえるのが、基礎インスリンで国内シェアトップのサノフィ・アベンティス(フランス)だ。

同社で糖尿病領域のマーケティングを統括する内藤寛之氏は、「効果的なインスリンの早期利用で、日本は特異的に遅れている」と指摘する。サノフィはSU薬でもシェアが高く、インスリンでも09年6月に強化(超速効型)インスリン剤の発売を開始した。経口薬、注射薬双方の製品を持つ強みを生かし、トータルな糖尿病治療を提案していく意気込みだ。

開業医として長年、糖尿病治療に当たってきた大阪府内科医会の福田正博会長は、糖尿病薬を処方する際、(1)薬の安全性、(2)薬価が安い、(3)血糖値が確実に下がり副作用がない、の三つを念頭に処方するという。外資系を中心に開発が進む治療薬にもそれぞれ一長一短がある(下表)が、「それでも選択肢が増えることは望ましい」と話す。

たまたま時期を同じくした新薬の登場と診療方法の進展は、長く選択肢の限られたままだった日本の糖尿病治療の現場に揺さぶりをかけることになるだろう。増え続ける患者にとっても“福音”となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?