糖尿病患者に期待の新薬、1300万人の巨大潜在市場を狙う

 ところが、こと糖尿病に関して、日本は「世界的な成功を決める最重要市場というのが常識」(外資系製薬会社関係者)だという。

 世界の糖尿病患者は2億4000万人(06年)。25年には3億8000万人に増加すると予測されている。中でも日本は、07年の患者数890万人(右表)に加え、糖尿病の可能性が否定できない“糖尿病予備軍”が1320万人と、まさに4人に1人は糖尿病と関連がある。

そのため、国内の糖尿病薬市場は現在の約2000億円から、7~8年後には3500億円程度の規模になるという試算もある。外資系製薬会社にとって、日本の糖尿病薬市場は非常に有望なのだ。

インスリン早期利用で「特異的」な遅れ

さらに、インスリン治療にも、海外発の変化が押し寄せようとしている。

米国と欧州の糖尿病学会が08年、世界中の医師に強い影響力を持つ2型糖尿病の血糖管理についての治療アルゴニズム(診療ガイドライン)を変更、「十分に検証された中心的治療法」として「基礎(持効型)インスリン」とメトホルミン、SU薬との併用が有効とした。つまり、インスリンの早期投与を可能にしたのだ(下図)。インスリンの早期投与は「極めて有効で、他の薬剤の効き目も向上させる」(清野院長)という。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。