新たな私的整理手続き ADR活用急増のワケ

薄れるメインの存在感 ADR活用を後押し

今年に入りADRが急増する背景には、債務者企業、銀行双方の事情が影響している。

リーマンショック以降の金融環境の大幅な悪化で、銀行の新規融資は慎重になった。資金繰りに窮して倒産の危機に瀕する企業にとって、ADRが持つ「一時停止通知」(債権回収や担保設定の禁止)は魅力的。債務の返済猶予が認められれば、資金繰りは大きく改善する。

11月に申請した日本航空では、同時に企業再生支援機構による手続きが進行中だ。来年1月とみられる支援決定までの間、債務の返済を一時止めることで、資金繰りを楽にする狙いも込められている。

これまでの私的整理ガイドラインでは、メインバンクが重く損失を負担する「メイン寄せ」が慣例だった。これに対し、ADRでは債権者平等の原則が貫かれる。債権額の少ない下位銀行からは不満の声も漏れるが、メイン寄せの合理性を銀行側も説明しにくくなっているのが実情だ。

取引先の再生局面でメインバンクの役割が後退する中、企業のADR活用は増え続けている。


(撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT