松嶋菜々子、挫折から始まった28年の仕事人生

長く働く秘訣は、目の前に集中すること

「ただ台本を読み上げるだけっていうのは嫌だったんです。

『台本に書かれているから』『監督に言われたから』って、本当は自分の理解が追いついていないのに、わかったような気になって偽ることも。

それだけは絶対にしないと決めていました」

仕事の世界で“代えがきかない人”としてのポジションを確立するのは、とても難しいことのように思える。でも、松嶋さんがやってきたのは、何も特別なことじゃない。

自分の違和感に蓋をせず、目の前の仕事に妥協せず向き合ってきただけだ。

しかしそれが、「あなたに仕事をお願いしたいと言ってもらえる人になるための、着実な道だったのだと思う」と松嶋さんは話す。

“顔の見える人”たちの期待に応えたい

出演するドラマは常に高視聴率。「視聴率の女王」の名を欲しいままにしてきた松嶋さんには、20代の頃から大きな期待が寄せられてきた。

「私が意識してきたのは、『全員の期待に応えようとしない』ということ」と語る松嶋さん(写真:Womantype編集部)

ただ、周囲からの期待は時として重いプレッシャーにも変わる。

松嶋さんはこの大きなプレッシャーに、どう立ち向かってきたのだろうか。

「私が意識してきたのは、『全員の期待に応えようとしない』ということ。

ドラマや映画を見てくださっている皆さんには、もちろんいい作品は届けたい。でも、『きっとみんなは、私にこういうことを期待しているはずだ』って勝手に妄想して、自分で自分を苦しめる行為は意味がない気がして」

松嶋さんが目指すのは、あくまで目の前にいる人に「一緒に仕事ができてよかった」と言ってもらうこと。

監督やプロデューサー、共演者、あるいは「あなたにCMに出てほしい」と依頼をくれた企業の担当者など、“顔の見える人たち”の期待にはしっかり応えようと考えてきた。

次ページいくつもの挫折を経験してきた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。