松嶋菜々子、挫折から始まった28年の仕事人生

長く働く秘訣は、目の前に集中すること

今すべきことに集中していれば十分。余計なプレッシャーに足をとられる必要はない。会社員の仕事であっても、まったく同じことが言えるはずだ。

視点を変えれば、風向きも変わる

今、こうして自身の仕事に対するスタンスを迷いなく語る松嶋さんも、実は過去にいくつもの挫折を経験してきたという。

とくに、「芸能界に入りたての頃はオーディションに落ち続けていた」と、意外な事実をさらりと告白する。

「いくつもオーディションを受けたんですが、全然うまくいかなくて。連続で不採用をもらうと、自分を否定されたような気になってしまい苦しかったですね。

まるで、『あなたはいらない』と言われてるようで」

この仕事に自分は向いていないのでは? 自分に能力がないのでは……?

そんなことばかり考えてしまう日々が続いた。

「でも、いつ頃だったかな。はっきりとは覚えていないんですけど、いつまでも落ち込んでいても仕方がないから、考え方を変えることにしたんです」

オーディションは相性。そう自分に言い聞かせることにした。

「相手が求めるものと自分が持っているもの、それがただ『合わなかっただけ』だって思い直したら、オーディションに落ちることが苦ではなくなってきたんですよね」

それが功をそうしたのか、風向きも変わってきた。

「考え方を変えたら、大きな仕事が一気に3つくらい決まって。

うまくいった理由はほかにもあったのかもしれませんが、私の中ではマインドチェンジができたことが、とても大きな出来事だったんです」

今の松嶋さんにつながる仕事に対する姿勢は、こうした経験があったからなのかもしれない。

「ぜひあなたに」と選んでもらえることは、決して当たり前のことじゃない。

だったら、「ぜひあなたに」と選んでもらえたときには、できることを尽くしてその期待に応える

目の前の仕事に全力を注ぐことは、決して遠回りなんかじゃない。AI社会に求められる「自分にしかできない仕事」は、地道な努力の末に見つかるものなのだろう。

(取材・文/横川良明、撮影/洞澤佐智子〈CROSSOVER〉、企画・編集/栗原千明)

■作品情報
AI崩壊』2020年1月31日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
出演:大沢たかお 
賀来賢人 広瀬アリス/岩田剛典
髙嶋政宏 芦名 星 玉城ティナ 余 貴美子
松嶋菜々子/三浦友和
監督・脚本:入江悠(『22年目の告白―私が殺人犯ですー』)
企画・プロデューサー:北島直明
(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
Woman typeの関連記事
子育てと両立しながら東京五輪を目指す、女子100mハードル選手の生き方
【中谷美紀】女優歴26年。一つの道を極められたのは「いつでも辞めていいと思っていたから」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。