ユニゾ、水面下で進む「踏み絵」と「資産売却」

三つどもえの買収合戦、国内初「EBO」の舞台裏

一方の「右」は、ファンドによる買収を回避するために会社を2つに分離。ビル10棟と、浅草、横浜、名古屋駅前のホテル3棟を譲り受けて運営する総資産600億円規模の会社になるというもの。この会社は小崎社長らが運営するとされていた。

この2案を示したうえで、小崎社長は「左なら、雇用は2年間保障されるものの、ファンドの下で不自由な生活を強いられる。右なら雇用は保障されないが、縛られない自由な生活を送ることができる」と説明。そのうえで「俺の会社に来るか」と迫ったのだ。

「小崎社長についていくのか決断を迫る、まさに踏み絵だった。詳細がわからないので詳しい説明を求めたら、『あ、君は左ね。帰っていいよ』と言われた」と、ユニゾの社員は明かす。

結局、約300人の社員のうち、「右」を選んで小崎社長についていくと決めたのは100人程度だったという。

上場企業初、従業員による買収を準備 

TOBを拒否するユニゾに対し、ブラックストーン、フォートレスともにTOB価格を引き上げ、再提案が繰り返された。そうした中、「右」を選んだ社員たちに突然、お触れが出回る。「持株会を3つ作るから」との理由で、一般社員から部長クラスまでに、それぞれ10万〜80万円を出資しろと言い始めたのだ。

突然、降って湧いた持株会構想。その意図は、それから数週間後の12月22日に明らかになる。ユニゾの従業員が設立した「チトセア」が、米ファンドのローン・スターと組んで、上場企業では例がない従業員による企業買収(EBO)を実施し、会社を非公開化すると発表したからだ。

ローン・スターは東京スター銀行や目黒雅叙園などを手がけた。ちなみに買い付け価格は1株5100円で、HISによる買収提案前の株価は2000円前後で推移していた。

つまり、ブラックストーンらの提案を拒否するためにチトセアを設立、EBOを実施するために社員に踏み絵を踏ませたり、出資を募ったりしていたのだ。

次ページシナリオを描いたサーベラス出身者ら
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT