ユニゾ、水面下で進む「踏み絵」と「資産売却」

三つどもえの買収合戦、国内初「EBO」の舞台裏

開発中のものも含めて27棟保有しているホテルについても同様で、半分近くの売却を計画。すでに、複数の不動産会社や不動産投資ファンドなどと交渉を始めているというのだ。

「EBOの実施にあたって資金が必要で、ローン・スターから資金を調達しているが、EBOの成立から半年後には返済しなければならない契約になっている。また、その後も資金が必要になることから、ビルやホテルの売却を急いでいる」と、この関係者は明かす。

つまり、外資系ファンドの案に反対する理由としてあげていた資産売却を、自ら進めているのだ。

これに対し、ユニゾ側は「以前から資産の入れ替えを進めており、その一環だ」と主張する。

資産売却は「背任行為」との指摘も

「契約上、追い込まれた部分もあるが、当初踏ませた踏み絵の姿に近づいている。小崎社長は、EBOなど奇策を繰り出し抵抗しているが、勝てないと踏んで、(会社を分離させる)最初の構想に持っていこうとしているのかもしれない」

ユニゾ関係者はこう指摘した後、このように続けた。

「将来を悲観した従業員たちも毎月5〜6人ずつ退職している。このまま資産売却を続ければ企業価値は低下し、株価も下がる。明らかな背任行為なのではないか」

チトセアによるEBOの期限は3月18日。2月24日には、ブラックストーンがTOB価格を1株6000円に引き上げた。小崎社長をはじめとするユニゾ経営陣は、こうした提案にどのように答えるのだろうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT