武漢の新型肺炎感染者「最大9万人」論文の衝撃

政府発表の約3倍、中国全土で最大14万人とも

感染者は政府発表より遙かに多い…?※写真は本文と関係ありません(写真:財新編集部)
新型コロナウイルスの感染者が増え続ける中、中国政府の公式発表に”異議”を唱える論文が登場。現地の独立系メディア「財新」の記者が徹底分析した。


 武漢には一体どれだけの新型コロナウイルス感染者がいるのか――。

医学関連の査読前論文プラットフォーム「medRxiv」で2月10日に発表された論文によると、2月9日までに武漢市内の感染者は、控えめに見積もっても5万4000人、最大で9万人に達しており、湖北省の武漢以外の都市の感染者は2万1000人に上るという。

2月13日の湖北省衛生健康委員会の通達によると、2月12日までに同省で報告された感染者は4万8206人(内1万3332人は臨床診断による)。その内、武漢市の感染者は3万2994人(内1万2364人は臨床診断)だ。

論文著者は中国の教授とアメリカの博士

中央政府から武漢に派遣された指導小組(グループ)の副組長であり、治安・司法部門を統括する中央政法委員会の秘書長(事務局長)である陳一新氏は2月12日、「武漢の感染状況の不確定さを、はっきりと認識しなければならない」と指摘した。

武漢の感染者数は未だ明確になっておらず、拡散規模についても比較的正確な予測がなされていない。関係各所の推計では、武漢の潜在的な感染者数は発表されているものよりも多いとされている。

本記事は『財新』の提供記事です

冒頭の論文のタイトルは「武漢市新型コロナウイルス感染者の統計推断」だ。著者は天津の南開大学統計データ科学学院の周永道教授と、アメリカのネブラスカ大学メディカルセンター公共衛生学院生物統計学科の専任講師であるJianghu (James) Dong博士。

medRxivは2019年6月、アメリカのコールド・スプリング・ハーバー研究所やイェール大学、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルが共同で創設したプラットフォームで、査読を経ていない研究内容をシェアすることができる。

周教授らの研究は武漢市の一部の人々に対するサンプル調査を通じて行われた。研究者は3.3万人の武漢から浙江省温州に戻った人々、および1万人余りの武漢からシンガポールへ旅行した人々をサンプルにし、彼らの感染状況から、武漢とその周辺地域の全体的な感染率を推算している。

次ページ衝撃の結果が明らかに
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。