印刷会社社員「AIカーレース」世界制覇の舞台裏

古参企業がエンジニア育成に本気になった

2019年6月にAWS日本法人が東京で開いたイベントの中で、ディープレーサーの日本大会も行われた。そこで優勝したのが、冒頭に登場したDNPの瀧下さんだ。ここで日本代表として世界大会が行われるAWSのグローバルイベントに無料招待される権利を得た。

AWSのグローバルイベントで開催されたDeepRacerの大会会場の様子(写真:Amazon Web Services)

日本大会で2位につけたのは、滝下さんと同じDNPデジタルソリューションズで働くWebシステム制作本部の大野史暁さん。大野さんは世界大会でも瀧下さんに次ぐ2位につけ、DNPグループが1位、2位を独占した。

瀧下さんは印刷会社然とした業務に従事する一方、大野さんは顧客企業からの依頼を受けてスマートフォンアプリを開発したり、新技術を調査したりする部署に属している。アプリ上で商品などをおすすめするシステムにAIを活用することはあったが、「強化学習の知識はなかったので、ディープレーサーで勉強しようという目的があった」(大野さん)という。

「なぜそんなに速かったかわからない」

優勝できた要因は何だったのか。瀧下さんに尋ねると、「なぜそんなに速かったかを聞かれても、強化学習は勝手に進むので正直なところわからない。ただ、コースアウトしないような安全なモデルを作ることを心がけた」と振り返る。大野さんは、「自分は細かく試行錯誤を進めた。どういう報酬の与え方が有効なのか、ランダムに学習する中でどうしたら再現性が上がるのかを分析していった」と話す。

世界各国から集まったエンジニアたちが思い思いに作り上げた強化学習のモデルでDeepRacerを競わせた(写真:Amazon Web Services)

ディープレーサーをいつでもコースで走らせることはできなかったため、多くの時間はバーチャル環境でのシミュレーションに費やしたという。実機のレースになると、周囲の明るさや微風の影響を受ける。「シミュレーションで学習させすぎないことが大事だった」(大野さん)。

AWS日本法人の長崎忠雄社長は、「DNPの方々が世界大会の1位、2位に入った際、多くの企業からどうしたら出場できるのか、どのようにして優勝できたのか、といった問い合わせが寄せられた」という。

こうしたクラウド活用を促す取り組みが功を奏し、AWSの認定制度の取得者数は過去2年で4倍近くに増えたという。「クラウドが無視できないものになってきた証拠だ」と長崎社長は強調する。一方でアメリカメディアの報道では、ここ数年AWSが急速に拡充したAI関連のサービスの売上高が全体の数%程度にとどまっているとの指摘もある。

「顧客の技術レベルがついてきていない」。クラウドビジネスに詳しい外資系調査会社アナリストはそう指摘する。AWSがあの手この手でクラウド教育を強化するのも当然だろう。ディープレーサーは開発者のコミュニティーをどこまで広げられるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT