スズキ「新型ハスラー」のデザインは何が売りか タフで力強い要素が入り大胆に変化した

印刷
A
A

シートは旧型ではブラックのファブリックに3色から選択可能なパイピングを組み合わせるという英国車のような仕立てだったが、新型は「クロスビー」と同じように、ファブリックの両サイドにインパネと同じ3タイプの色を入れる手法に変え、ブラックの部分には細かい模様を入れた。

新型ハスラーの前席(筆者撮影)

気になったのはドアのアームレストを含め、色が入るのが前席のみであることと、ブラックのファブリックに入れた柄があまりアウトドアっぽく感じなかったことだ。裏を返せば旧型は、エクステリアを含めて日本車離れしたデザインのクルマだったと今にして思う。

フロントシートがベンチタイプからセパレートタイプに変わったことも新型の特徴だ。こちらはボディ側面を平面に近づけた結果、室内幅が広がったことで可能になったとのこと。ホールド性に優れるセパレートシートが好みというのが竹口氏の言葉だった。

新型ハスラーの荷室(筆者撮影)

新型はホイールベースも35mm長くなっており、その分後席空間が広がっているとのことだが、旧型も身長170cmの筆者が楽に足を組める空間はあったので、大差があるとは感じなかった。その後方にある荷室は、取り外しできるアンダーボックスがついたことがニュースで、アウトドアシーンで重宝しそうなアイテムだった。

しっりした乗り心地と静粛性

最後に走りについて触れておくと、まず感じたのはスズキ初の構造用接着剤などを用いることで捻り剛性30%、曲げ剛性20%の向上を果たしたボディ剛性のおかげだろう、乗り心地がしっとりしたことだ。骨っぽい乗り味だったと記憶している旧型とは一変した。

足回りがしっとり動くようになったことで、コーナーでは上屋の重さが気になることがあったのも事実だが、背は高いもののグリップは安定しており、シートの着座位置は低いので不安はなかった。

新型ハスラーの自然吸気エンジン(筆者撮影)

もう1つ感じたのは静かさ。とくに新開発の自然吸気エンジンとCVTの組み合わせは、すぐに回転が上がって騒々しくなることはほとんどない。リニアに回転が上がり加速していく。ターボも静かで、以前よりもなだらかに力を盛り上げるようになった。

スズキの軽で初のアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱抑制機能は、いずれも不満のない作動を示してくれたので、高速道路を使ってのロングドライブでの快適性は、大幅に高まったと言えるだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT