ノルマに苦しむ営業マンたちの新たなる"憂鬱"

不祥事が起こる背景には構造の変化がある

人がこれまで行ってきたことをテクノロジーが代替する時代に、営業マンが生き残る道はあるのだろうか?(写真:kikuo/PIXTA)  
「営業不要時代」とも言われる今。営業マンはいったいどうやって生きていけばいいのか?
営業マンのこれからの生き方について提唱する『営業はいらない』 を上梓した三戸政和氏が、「なぜこれから営業マン不要の時代が訪れるのか?」について解説する。

「郵便局の保険押し売り問題」がいまもって日本中の耳目を集めている。郵便局員が、顧客の不利益となるような形で保険を販売していた問題だ。牧歌的に仕事をしていると思われていた彼らに、なぜここまでして契約を取る必要があったのか。その背景には、過剰なノルマの存在がうかがえる。

郵便局では多くの局で、昨年度実績の2倍、中には3倍もの目標が割り当てられているところもあった。ノルマを達成できない職員には、「恫喝研修」「懲罰研修」と呼ばれる研修も行われていたという。

局員に課せられた過剰な営業ノルマの矛先が顧客に向かい、高齢者を中心に、必要のない保険を契約させられる。このようなゆがんだ実態が浮き彫りとなった。

「不正」と「ノルマ」の問題は郵便局だけじゃない

営業マンによる不正の問題が発生しているのは、郵便局に限った話ではない。先進的経営を行い「地銀の優等生」とまで呼ばれたスルガ銀行では、1兆円にものぼる不正融資問題が発覚。経営不振へと陥った。

同じく金融業界では野村證券も、情報漏洩など相次ぐ不祥事で苦境に陥っている。

この2社と郵便局に共通しているのが、やはり「ノルマ」の問題だ。産経新聞2018年9月18日付の記事によると、シェアハウス投資に絡むスルガ銀行の不正融資問題について、第三者委員会の行ったアンケートには、次のような回答が並んでいたという。

・「数字が出せないならビルから飛び降りろ」と叱責された
・ものを投げつけられ、パソコンにパンチされ、「おまえの家族を皆殺しにしてやる」と言われた。
次ページノルマを課す営業姿勢に無理がある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。