「開花寸前」の分野こそ将来伸びるといえる理由

2020年以降に伸びるビジネスの見極め方

いくつもの「時代が始まる場所」でキャリアを築いてきた尾原和啓さん。これから開花するビジネスの見極め方や、20代のうちに“開花寸前の場所”に身を置くことについて伺った(写真:20’s type編集部)

「どこに転職したいか」を考えるとき、つい今話題の企業や盛り上がっている業界に目が行きがちだ。しかし、今注目されている企業だって、かつては「冷ややかな目で見られる会社」だった。

例えば、ZOZOTOWNは「ネットで服を買うなんてありえない」と言われる時代に始まったし、最大手YouTuber事務所のUUUMだって始めは「動画でお金が稼げるなんて怪しい」と世間の反応は冷ややかだった。

すでに盛り上がっている業界もいいけれど、そういった“将来開花するであろう場所”に黎明期からチャレンジすることの面白さやうま味も、きっと大きいはずだ。

そこで今回は、これまで12回の転職を重ね、リクルート、Google、楽天の黎明期に事業に参加し、まさに「時代が始まる場所」に身を置きながらキャリアをアップデートしてきた尾原和啓さんにインタビュー。2020年以降に開花するビジネスを見極める方法や、転職によって20代のうちに“開花寸前の場所”に身を置くことの重要性、面白さについて聞いてみた。

開花寸前の場所は「全部」を学びやすい

僕がこれまで「始まりの場所」をいくつも経験してきて思うことは、「開花寸前の場所はまだ世界が小さいので、全部を学びやすい」ということです。

本記事は新世代の「働く力」育成メディア20’s type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

今では信じられないかもしれませんが、僕が立ち上げに参画した『iモード』は当時、携帯電話の画面上に表示できるデータ量はたった2キロバイトでした。当然、やれることは限られるわけです。ところが今や、モバイルウェブの世界ではHTMLの知識は必須ですし、画像だけでなく動画、WEBだけでなくアプリも扱える必要があります。

市場を風船に例えると、風船が小さいうちは周りを一周するのは楽なんです。だからこそ、風船が膨らんで大きくなる前に一周しておいたほうがいい。そうすると、市場が大きくなってもそのビジネスを360度理解できる人間になるんですね。

次ページ将来予測で大切なのは、情報の「方角」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT