JALの中国線、予約キャンセルが10日間で25%

取締役がコメント、日本発・中国発両方の2月分

 1月31日、中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎感染が拡大する中、日本航空(JAL)の菊山英樹・取締役専務執行役員は決算会見で、日本発・中国発両方の中国線での2月の予約キャンセルが1月20日ごろからの10日間で25%出ていることを明らかにした。写真は羽田空港で2012年9月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 中国を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本航空(JAL)<9201.T>の菊山英樹・取締役専務執行役員は31日の決算会見で、1月20日ごろからの10日間で日本発・中国発両方の2月のキャンセルが25%出ていることを明らかにした。

 

(白木真紀)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。