第1回 製造業の地産地消で、海外勤務は必須

私は2013年10月に『これから5年の競争地図』という本を書きました。
 そのなかで、自動車、電機、バイオなどの産業がこれからどうなるのかを書いてから、大学で講演する機会を何度かいただきました。
 それ以前からも、ときどき大学で講義をして、学生たちと話す機会がありますが、彼らの最大の関心事はやはり就職のことのようです。
 本書を読んでくれた読者の方からも、大学生の娘さん、あるいは息子さんの就職活動に役立ちそうなので読ませている、というコメントをいただいています。

 ここでは、就職活動の参考になるように、学生、あるいはその親御さんが関心を持っている(と思われる)以下の7つの質問に答えたいと思います。

1 今後、海外で勤務しなくてはいけませんか?
2 一生勤められる安定した会社はどこですか?
3 正社員になれるのだったら、ブラック企業でも勤めるべきですか?
4 無理して正社員目指して就活しなくてもいいんじゃないですか?
5 英語はどのくらい勉強すればいいですか?
6 自分で会社を興すのは難しいですか?
7 経産官僚になる方法を教えてください。

次ページ質問1 今後、海外で勤務しなくてはいけませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。