au対ソフトバンク、高額「囲い込み合戦」の異常

改正法の施行後も、携帯の乗り換えに高い壁

auの高額な解約金に対し、ソフトバンクは「全額補填」で対抗している(記者撮影)

政府が2019年秋、キャリア各社の携帯電話利用者の囲い込み策にメスを入れたにもかかわらず、足元では高額が飛び交う囲い込み合戦が続いている。表の策は封じても、「裏の手」についての対策は手つかずだからだ。

光通信を介した強烈な囲い込み

キャリアの携帯ショップで配布されている案内カタログには、携帯電話の通信プランの紹介ページに「割引適用後」の毎月の料金が太字などで一段と強調して記されている。データ通信量が少ない廉価プラン以外の大半のプランでは、一時的なキャンペーン(新規加入後6カ月間や1年間など期間限定の割引)を除いても、正規料金より2000円以上安い。

割引の条件はいくつかあるが、利用者にとって特に重要な意味を持つように設計されているのが、同じキャリアの光通信にも加入することで受けられるセット割引だ。

各社とも光通信の契約を1つ結べば、一部の低容量プランを除くほとんどの携帯通信のプランで、月額1000円安くなるようにしている(税別、以下同)。光通信の契約者本人だけでなく、対象となる家族全員の携帯通信もそれぞれ1000円ずつ割引される。

つまり、例えば4人家族の場合ならば、携帯通信と光通信のセット割引を受けるかどうかで、家計に占める携帯通信の料金は毎月4000円も変わることになる。

多くの利用者にとってはすでにお馴染みになっている光通信とのセット割引だが、これが携帯通信の他社への自由な乗り換えを阻む巨大な壁になり続けている。

次ページ政府は契約ルールを大きく変えたが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT