「米国株投資」の人気ブロガーが占う今年の展望

フロントランナー4人が見る注目業界と銘柄

YUTA:政治家と相性が悪い。ただSNSアプリで世界トップです。デジタル広告はフェイスブックとグーグルの2社がシェアを奪いあっている。切磋琢磨しながら成長するのではないかとみています。

Yuki:シスコシステムズに注目しています。もともとネット接続用のルーターとスイッチでシェアがトップです。それからの脱却を目指しています。株価はまだ割安か適正ぐらいのレベルとみている。最近ちょいちょい買いますね。みんなが機器やサービスを使っているという意味でも安心して投資できます。

YUTA:ところで、みなさん購入銘柄を選ぶ際に何を重視していますか?

Yuki:わたしは業界のシェアの大きさ。それ以外にも過去数年間の成長率、キャッシュフロー、財務の中身もみますけど、面白そうなビジネスモデルもチェックします。ロイヤリティーを柱にしたビジネスモデルが大好き(笑)。

ゆーたん:わたしは高配当の銘柄を重視しています。その中でも過去の実績をみます。連続増配だったり、減配していなかったり。過去の実績をみると、将来はわからないけど、少なくとも株主を重視する会社かどうかはわかります。財務内容をみて配当できるかどうかをチェックします。

あと、みなさん先ほどからいわれていますけど、自分が使ったことがあるサービスかどうかは大きい。わたしもビザのクレジットカード使っているし、iPhoneも使っています。

たぱぞう:わたしは売り上げ成長率、純利益成長率、営業利益成長率、営業キャッシュフローなどから入りますね。

投資先として中国銘柄は…?

編集部:みなさん、基礎的なところはしっかりおさえることが大事だということですね。ところで、『米国会社四季報』ではアメリカに上場する中国銘柄を掲載しています。中国銘柄はどうですか?

たぱぞう:昔は中国の乳業メーカーとか、アリババに投資をしていたことがありました……。

(ほかの人は沈黙)

編集部:あまり中国株には目が向かないのですね。

YUTA:ちょっとだけ不安がありますね。

たぱぞう:だいぶありますね。

YUTA:中国は生産人口年齢がピークアウトしています。アメリカも日本も生産人口年齢がピークを迎えた直後にバブルがはじけました。中国は政府が下支えながら少しずつ成長性が低下している段階だと思います。それがソフトランディングするかハードランディングするかわからない。ですので、アリババなど気になる銘柄はありますが踏み切れないです。

編集部:最後にアドバイスあればお願いします。

Yuki:わたしの投資モットーは、だれでも知っている大型株に投資する。それでも十分に利益が出ます。

ゆーたん:アメリカはこれから人口が増えていきます。アメリカの企業は日本に比べて株主を大事にします。投資先として信頼できます。

たぱぞう:成長性のあるものに投資していこうと考えています。日本は成長しなくなっていますが、そこをヘッジできると思います。

YUTA:企業の利益が上がれば、株価も上がるはずです。アメリカの企業は世界を相手にしている企業が多い。チャンスが多いと思います。

編集部:本日はありがとうございました。みなさんの活躍を期待しています。今後、米国株に投資することは当たり前になると思います。『米国会社四季報』は米国株投資をサポートしていきます。

(1月15日 座談会実施)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT